下田の居酒屋『なみなみ』さんへ、

魚をほとんど食べない娘に

「金目重が美味しい」と

お勧めされ、行って来ました。





20040506-1-1.JPG


下田の街中の路地を入ったところに、

ひっそりとあります。

知る人ぞ知るといった感じです。

人がほとんどいない路地から一転、

店内に入ると満員です。

予約しておいて正解でした。





20040506-2-1.JPG

20040506-2-2.JPG

20040506-2-3.JPG


メニューを見ると、

下田産から始まり南伊豆まで、

金目、伊豆牛、天城しゃも...





20040506-2-4.JPG

20040506-2-5.JPG

20040506-2-6.JPG


伊豆半島の食材で構成されたメニューで、

どれも美味しそうで迷ってしまいます。




20040506-3-1.JPG


天ぷらも種類が豊富!

南伊豆産シイタケ海老詰め、

ブロッコリー、金目天、

天城軍鶏の月見つくね、

マグロのユッケ...と、

その他色々注文したのですが、





20040506-3-2.JPG


写真の撮影を忘れ食べてしまいました。

是非行ってご自身の目でご確認下さい。





20040506-4-1.JPG


メインのおすすめ、

「開国地金目重」です。

2人前注文したのですが、

19時30分にもかかわらず、

残り1人前で終了との事。





20040506-4-2.JPG


肉厚の金目の煮つけが、

ドーンとのっています。

値段はお高めですが人気商品!

数量限定なので、

お早めにご注文下さい。




20040506-1-2.JPG


伊豆高原からは車で1時間位です。

また、行きたいお店でした。



***************

『開国厨房なみなみ』

下田市3丁目3-26 tel.0558-23-3302

17時~24時 木曜・年末年始休

***************



CK





ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



20170505-1.JPG


今日も五月晴れ。大室高原にある、

重岡健治先生のアトリエを訪問しました。





20170505-2.JPG


重岡建治。1936年生、伊東市大室高原在住。

圓鍔勝三(えんば・かつぞう)氏に師事、

日展に9回入選。その後イタリアへ渡り、

エミリオ・グレコに師事。現在は、

その作品が国内外で収集・展示されている、

だけど先生は小柄で気さくな方でした。





20170505-3.JPG


70歳を超える今でも精力的に、

活動されている先生。アートフェスの

期間には、毎年2,000人もの方々が、

アトリエを訪れるのだとか。





20170505-4.JPG


どの作品も惜しみなく見せて下さり、

コンセプトを説明して下さいます。





20170505-5.JPG

20170505-6.JPG

20170505-7.JPG

20170505-8.JPG

20170505-9.JPG


大ぶりな作品も数多いため、

アトリエは吹き抜けになっています。

弊社社長は20代で重岡さんに出会い、

節目節目に励まされてきました。

今でもなお、親交は続いています。





20170505-10.JPG


重岡さんの初期のブロンズ作品。

弊社の応接スペースにはこの作品の

木彫の型が飾られています。伊豆の、

木々を蘇らせることも先生の目標。

伊豆高原のアートフェスには第1回の

立ち上げから長く携わられています。





20170505-11.JPG

20170505-12.JPG

20170505-13.JPG


伊東市の渚彫刻公園では20点近くの

先生の作品が一挙に鑑賞できます。





20170505-14.JPG


先生の娘さんもアトリエをお手伝い。





20170505-15.JPG

20170505-16.JPG


作品制作に使用している道具達も、

全て公開して下さっています。





20170505-17.JPG

20170505-18.JPG


たまに描くという富士山の秘密も、

愛嬌たっぷりにそのエピソードを

お話しして下さいました。





20170505-19.JPG


ぜひ、先生のアトリエを訪ねて、

触っても良いという先生の作品と、

その優しさに触れてみて下さい。





20170505-20.JPG


重岡先生、ありがとうございました。

いつまでも元気でいらしてください!



***************

「重岡健治の世界展」

5月1日~21日 重岡建治アトリエにて

朝時10時~夕16時  無休 0557-51-6222

***************



Maple Housing





ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr




先日ご紹介させていただいた、

伊豆高原bauhausの初展覧会・

PUNK PICASSO 10を企画された

たてのしげきさんのお店、


初めて伺いました。





20170504-1.JPG


色々な方から情報を耳にし、

ずっと行きたかったお店です。

住宅街の中、辿り着くと、

急に開ける別世界。





20170504-2.JPG


壺中天(こちゅうてん)とは漢書より、

俗世から離れた別天地を表す言葉。

表札もさりげなくお洒落です。





20170504-3.JPG


ひと足、建物に踏み入れると

美術書、思想書、写真集...。





20170504-4.JPG


アートに関心のある方ならば

垂涎の、専門書がひしめく棚。

何時間でもいられそうな空間...





20170504-4-B.JPG


(これは、ゆっくり来なければ!)

今日はお仕事なので、

駆け足なのがとても残念...。





20170504-5.JPG


現在「壺中天の本と珈琲」では、

山田ミノルさんの銅版画展を開催中。





20170504-6.JPG


繊細で詩情あふれる、銅版画の世界...





20170504-7.JPG


薫り高い珈琲をいただきながら、

ゆっくりと鑑賞することができます。





20170504-8.JPG


銅版画以外にも「This is this」と

題し、立体物も展示されています。





20170504-9.JPG


壺中天店主・たてのしげきさん。

bauhausに続き、お会いするのは二度目。





20170504-10.JPG


お話に聞いていた奥様も今日はご一緒。

ご夫婦で来客の接待にあたります。

今日、頼んだコーヒーは「ミモザ」。





20170504-11.JPG


常連のお客様らしいヨガの先生と、

その生徒さん達のご一行様にも遭遇。

伊豆高原には色々な方がいるんですね。





20170504-12.JPG


壺中天の建物は「アトリエワン」が

手がけており、前面道路に沿った

曲線的な壁が斬新、かつ優雅。

木立を眺めることがメインとされ、

まるで深い森の中にいるかのよう。





20170504-12-A.JPG





連休により盛況だったことと、

私自身も知人に遭遇し、ゆっくり

たてのさんとお話しできなかったのが

心残りです。なので、これを機会に、

足しげく通いたいと思っています。





20170504-13.JPG

20170504-14.JPG


***************

山田ミノル銅版画「OPACITY~不透明な者たち~」

5月1日~29日 伊豆高原「壺中天の本と珈琲」にて

伊東市八幡野1033-7 (伊豆急城ヶ崎3次の10)

朝8時~夕16時  火・水・木休 0557-53-8406

※5月1日~5月8日の連休は休まず営業しています。

***************



JS





ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr




20170503-1.JPG


五月晴れの休日に

ドライブをしようと出かけたのですが、





20170503-2.JPG


出足が遅れてしまい、

20分も走らぬうちに

お腹が空いてしまいました。



早めのお昼をとることにしました。

伊東の国道沿いで、

美味しい鯵を食べたことがあり、

確かこのお店だったはず、

と入ったのが、

なぎさ公園近くの『開福丸』さん。





20170503-3.JPG


ショーウィンドウのお料理も、

手招きしています。





20170503-4.JPG


(お値段は観光客の方向きかな...)





20170503-5.JPG

20170503-6.JPG


店内は清潔な感じで、なぜか

ボサノバ調の音楽が流れていました。





20170503-7.JPG


これが〈鯵のたたき定食〉。

きときとな鯵が、

綺麗にさばかれています。





20170503-8.JPG


地わかめのお味噌汁と小鉢が付きます。

鯵自体は脂が少なく、さっぱり気味。

これから夏に向けて、

脂が乗ってくるところでしょうか。





20170503-9.JPG


今日は暑いので、

生姜醤油でさっぱりといただきました。





20170503-10.JPG


きすのフライ。

本日のランチに付いてきました。

コーヒー付きです。

(これならお値段納得です)





20170503-11.JPG


店の前は海で、汐風が心地良い場所です。

次回は鯵に脂が乗った頃に、

伺いたいと思います。



t.s





ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



本日5月1日から、第25回となります


開始しました。このフェスはいわゆる

観光や、商業目的のイベントではなく、



伊豆高原に移住してきた方の文化祭、

そして交流の場...が目指すところで、



よって純粋にアートを、暮らしの中の

一部として楽しむ方々が主体となる、

「日常の中の祭典」になった形です。



参加している個人の方、および店舗は

100軒近くにのぼるのですが、今回は

そんな祭典の中でもかなりとんがった、

「バウハウス」さんを訪問しました。





20170501-0.JPG


もともと企業の保養所だった建物を、

むき出しのコンクリート仕立てにし、

中に入るやいなや、パンクなアートの

オンパレード。写真を加工する方...





20170501-1.JPG


カラフルでエネルギッシュなヌード...





20170501-2.JPG

20170501-3.JPG


建物の隅々まで表現に利用しています。





20170501-4.JPG


オープニングパーティーに参加させて

いただきました。様々な年代や職業の

方々が集い、持ち寄り料理でわいわい!





20170501-5.JPG


熱海でも三島でも、南伊豆でもない、

伊東・伊豆高原という土地ならではの、

都会と地元の人々がクロスする雰囲気◎



漂着物を収集・展示する山田ミノル氏。

稲取にお住まいです。東海岸全域から

集められたプラスチックや金属は、

どこか哀愁があり、どこかユーモラス。


20170501-6.JPG

20170501-7.JPG

20170501-8.JPG





何やら可愛らしいオブジェが並ぶ...

と思いきや。


20170501-9.JPG



m.yam(エムヤム)というお名前で

作陶をされている、長田三賀子さんが

いらっしゃいました。『誰かの窓』と

いうシリーズで、生活に密着した物を

陶器で表現し、見つめなおしています。



20170501-10.JPG

20170501-11.JPG

20170501-12.JPG

20170501-13.JPG





おそらくリビングやキッチンだったと

思われる空間が、ギャラリーの一角に...

遠くに見える水平線も、観光地伊豆の

風物詩というより、詩的に感じられ...


20170501-14.JPG

20170501-15.JPG





不動産業の弊社として興味深いのは、

もとは浴室や洗面所であっただろう、

タイル張りのスペースまでも上手に

利用されていること。「壊す」そして

「むき出す」という概念が衝撃的!


20170501-16.JPG

20170501-17.JPG

20170501-19.JPG

20170501-18.JPG





どこもかしこもウィットに満ちている、

この空間を作り出し、人を寄せたのは、

舘野(たての)茂樹さん。ブックカフェ

「壺中天の本と珈琲」オーナーです。


20170501-20.JPG



これから始まりますねえ!と語らう、

いきいきした時間。壺中天の方でも、

フェスに参加しているそうですので、

こちらもぜひ行ってみたいところ^^



20170501-21.JPG



伊豆にいながらにして、前衛アートの

気概に触れることができた訪問でした。

これから一か月、とても楽しみです!



20170501-23.JPG

20170501-24.JPG





Maple Housing





ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr

前に戻る45  46  47  48  49  50  51  52  53  54  55

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

アーカイブ

Green Blog