昨日更新分の当ブログは、一足先に小さな秋のお話でしたが、
本日更新分の当ブログは、そんな秋はまだ早いよというお話です。
と、結構バラエティに富んだブログ内容になっています。



9月に入り、あんなにいた海水浴客もめっきりいなくなり、
いつもの静かな海に戻りつつあります。



20160911海_1.JPG


真夏の海水浴シーズンは、趣味のサーフィンもお休みしていたので、
ハリーの海遊びもちょっと休憩してましたが、
9月に入ると貸し切り状態の海での海遊びがまた始まります。



20160911海_2.JPG


この日はまだ、海で遊んでいる若者たちがたくさんいたので、
残念ながらリードを外して遊ぶことはできませんでしたが、
やっぱりハリーは海が大好き。

砂浜を駆け回りたくてウズウズしている様子でした。



20160911海_3.JPG


20160911海_4.JPG


20160911海_5.JPG


ちょっとくらい良いかな?とも思いましたが、
やはりここはおあずけ。
これが犬と我々人間が上手に共存していく最低限のマナーです。



20160911海_6.JPG


20160911海_7.JPG


そんな恨めしい顔をしてもダメなものはダメです。



20160911海_8.JPG


この様にいつでも海を見たり触れたりできる、この美しい自然環境。
伊豆に暮らす者の特権ですよね。


まだまだ終わらない夏を、まだまだハリーと一緒に楽しみたいです。



20160911海_9.JPG


20160911海_10.JPG


大内


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



気づけば、もう9月10日。
早いものです。

暑かったり涼しかったりと、毎日不安定な日々が続いていますが、
暦の上では既に秋。


怒涛の台風の接近にドキドキしながら、
稲の成長を確認しに田んぼに行くと、
もう彼岸花が咲き始めていました。



20160910稲_1.JPG


20160910稲_2.JPG


そういえば今月半ばは、お彼岸ですものね。
季節の移ろいは早いものです。


稲の方は順調そのもの。

早いところでは、もう稲刈りをし始めている様ですが、
ここの稲も順調に成長していて、
そろそろ稲刈りを始める予定でいます。



20160910稲_3.JPG


20160910稲_4.JPG


20160910稲_5.JPG


よく見るとバッタも出てきていました。

日中はまだ暑く、セミの声も聞こえたりしますが、
夜になると虫の声も聞こえ始めたりして、
確実に季節は秋になっているのを実感します。



20160910稲_6.JPG


稲刈りになると、それはそれで忙しくなるのですが、
夏の猛烈な暑さから解放される、1年で1番良い時期になるのも事実。



20160910稲_7.JPG


20160910稲_8.JPG


20160910稲_9.JPG


秋は食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋と、
いろいろ楽しみがいっぱい。
待ち遠しいですね。



20160910稲_10.JPG


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



伊東市のシンボル的存在の東海館。
松川河畔に、大正末期から昭和初期の温泉情緒を今に残す、
木造建築三階建ての貴重な建物です。

昭和初期の旅館建築として文化財的価値があるため、
戦前からの温泉情緒を残す景観として保存をし、
後世に残す必要があるということで、伊東市の文化財に指定されています。
また、伊東八景の一つでもあります。


今回、改めて松川側からの風景を散歩がてら見物してきました。


台風13号が近づく中で、ちょっと生憎のお天気でしたが、
海側から松川橋の下をくぐってアプローチします。



20160909東海館_1.JPG


20160909東海館_2.JPG


鴨がちょっと休憩している横を通り、
そのままズンズンと進んでいきます。



20160909東海館_3.JPG


20160909東海館_4.JPG


このあたりは、子どものころによく遊んだ場所。
今ほどは綺麗に舗装されておらず、
うっかり浅い入江に入ってきたボラを、手づかみで捕ったこともあったっけ。
(遠い目)



20160909東海館_5.JPG


20160909東海館_6.JPG


大川橋の上から見る東海館はやはり情緒があり、やはり画になります。
約100年近く、この伊東市を見守ってきた建物。
さすがは伊東八景のことはあります。



20160909東海館_7.JPG


20160909東海館_8.JPG


そのままのんびりと遊歩道を進みます。
子どものころから慣れ親しんだ東海館ですが、
時間をかけて眺めることも減り、
たまには伊東市内を歩くのも悪くないなーと。



20160909東海館_9.JPG


20160909東海館_10.JPG


毎日が加速度をつけて過ぎていきますが、
たまにはこの様にのんびりとした時間を過ごすのも良いですね。

暑い日がも少し続くみたいですが、
涼を求めて散歩してみてはどうでしょう。



20160909東海館_11.JPG


20160909東海館_12.JPG


m.suzuki


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



休日に妻と会社の近くにある、
タイ料理の「バーンハタ」さんでランチを楽しんできました。



20160908バーンハタ_1.JPG


20160908バーンハタ_2.JPG


ここは伊豆半島で1番美味しい、
本格的なタイ料理屋さんじゃないかと思います。



20160908バーンハタ_3.JPG


20160908バーンハタ_4.JPG


それなのに、またランチメニューが900円と、かなりお手頃価格。
普通に生春巻きとデザートがセットで付いてきます。
これにドリンクがプラス100円。
観光地価格になりがちな伊豆高原界隈に於いて、
これはかなり嬉しい料金設定です。



20160908バーンハタ_5.JPG


20160908バーンハタ_6.JPG


今回は「海老のポンカリー炒めとご飯」と、
「スパイシーチキングリーンカレー」を注文しました。


しばし待つと、最初に生春巻きが登場します。
もちもちの皮の中に、新鮮な野菜がたっぷりと入っていて、
なんだか体に良さそうな感じがします。
お味の方は、文句なしの絶品でございます。



20160908バーンハタ_7.JPG


程なくして運ばれてきた海老のポンカリー炒めとご飯は、
タイ語で「クン・パッ・ポンカリー」だとか。
カレー粉という意味のポンカリー、海老という意味のクン、
炒めるという意味のバッなので、合わせてクン・パッ・ポンカリー。



20160908バーンハタ_8.JPG


カレー粉の香りが食欲をそそります。
もちろんご飯はタイ米で、海老の出汁が良く出た美味しいカレーに仕上がっており、
また、溶いた玉子がとろとろとしていて、これが良いアクセントになっています。



20160908バーンハタ_9.JPG


スパイシーチキングリーンカレーの方はかなりの辛さ。
インド系カレーとはまた違った深みのある辛さです。
青唐辛子の辛さがピリピリっとして、暑い夏にピッタリ。
こちらもスパイシーで美味しかったです。



20160908バーンハタ_10.JPG


20160908バーンハタ_11.JPG


デザートはタピオカココナッツミルクでしょうか。
甘い香りが口の中に広がり、辛くなった口の中をマイルドにしてくれる様です。



20160908バーンハタ_12.JPG


これらのスパイスやココナッツがかなり効いた、
トロピカルでスパイシーな料理は、ときどきなんだか無性に食べたくなる味ですよ。
ごちそうさまでした。


バーンハタ ダイニングテーブル
住所:伊東市八幡野1307-5


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



群馬県桐生市は、日本を代表する機業都市の一つ。
古くは奈良時代から絹織物の産地として知られ、
この「桐生織」は京都・西陣の西陣織と並び称されました。


かの徳川家康が今の栃木県の小山に在陣中、急遽石田三成を討伐することになります。
これが後に、あの「関ヶ原の戦い」と呼ばれるのですが、
その際に不足した軍旗を僅かな時間で揃えたのが、この桐生織でした。
家康が、見事関ヶ原の戦いで勝利を収めたことにより、
桐生はより名を高めました。



今もなお「カシャ、カシャ、カシャ、カシャ...」という、
桐生市が誇る伝統工芸である機織り(はたおり)の音が、
民家が軒を並べるその路地から聞こえてきます。



20160905関ヶ原の戦い_桐生織_1.JPG


20160905関ヶ原の戦い_桐生織_2.JPG


年々その機織り職人さんの数も減り、
この機織りの音を耳にすることも、今では珍しくなっているそうですが、
知人の家を訪問する祭、いつもここの前を通ると耳にするこの音のことが気になり、
今回お願いをして、ちょっとだけ特別に仕事場を拝見させていただきました。



20160905関ヶ原の戦い_桐生織_3.JPG


20160905関ヶ原の戦い_桐生織_4.JPG


20160905関ヶ原の戦い_桐生織_5.JPG


以前は帯地などを生産していた様ですが、
今は主にストールを生産しています。

手慣れた手つきで、職人さんが次々に織っていく様は、
まるで魔法でも見ている様でもあり、心が和む手仕事の様でもあります。
思わず見とれてしまいます。



20160905関ヶ原の戦い_桐生織_6.JPG


川から吹いてくる風に乗って、今もなお響く機織りの音。
また次に伺うときにも、聞けるといいのですが。
切に願います。



20160905関ヶ原の戦い_桐生織_7.JPG


20160905関ヶ原の戦い_桐生織_8.JPG


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr

前に戻る77  78  79  80  81  82  83  84  85  86  87

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

アーカイブ

Green Blog