伊豆高原ブログ「暮らしのスケッチ」メープルハウジングで“伊豆高原アートフェスティバル”タグの付いているブログ記事



伊豆高原アートフェスティバル。

ラストに訪ねたのは、雑貨屋ブイヨンさん。

住宅の一部を使って、ひっそりとオープン。

隠れ家のような、友達のお家のような、

親しみやすい空間にお邪魔すると、



20170525-1.JPG


何とも可愛い巣箱たち...!

カントリー調の壁紙のような、

ステンシルで絵付けしたような...

ありそうでなかった、色と柄。





20170525-2.JPG


オーナーの安田保(やすだ・たもつ)さんが、

普段から交流のある何人かの女性作家の

方々に依頼して、ペイントしてもらったそう。





20170525-4.JPG


ベースはこの、シンプルな木の巣箱。





20170525-5.JPG


ある方は、ペパーミントグリーンに...





20170525-6.JPG


ある方は、グリム童話に出てきそうな...





20170525-7.JPG


ブイヨンさんオリジナルは、

スカイブルーのクローバー仕立てに◎





20170525-8.JPG


巣箱が巣に入ったものや、外階段が

付いたものや...。個人的にはシンプルな、

ネイビーのタイプが好きでしょうか...





20170525-3.JPG


ちなみに社長は、最初に印象的だった、

こちらのタイプがお好みだとか。

好きなものって、何となく、

その方の個性に似ていますよね...^^





20170525-10.JPG


年を経て、いろいろなアートに親しむ

機会が増えました。難しい解釈も何となく

理解できるようにもなってきた。だけど、

子供の頃に友達同士で雑貨を見たり、

プレゼントを選んだりして、可愛いもの、

素敵なものを好きになって、

少しずつ知識を広げて、





20170525-9.JPG


それを見たり、触ったりすると、

幸せな気持ちになれるもの。それらを、

もっと知りたい。そんな気持ちが、

美術に親しむきっかけになっていった。





20170525-11.JPG


そんなことを思い出させてくれた、

伊豆高原アートフェスティバルでした。

本当にありがとうございます。





20170525-12.JPG


ブイヨンさんには他にも、普段使い

したくなる雑貨を色々販売しています。

このおもしろTシャツもオリジナル!





20170525-13.JPG


巣箱コレクションを見られるのは、

今週の金・土が最後!どれが好き?って

話しながらの鑑賞は楽しいですよ^^





20170525-14.JPG


小さな空間ですが、ぜひ訪ねてみて下さい。

対島中正門前のバス停を降りてすぐです。



***************

雑貨屋ブイヨン

「バードハウス&ポストカード展」

2017年5月27日(土)まで 朝11時~夕17時

伊東市八幡野1126-41 tel 0557-53-3190

***************



Maple Housing





ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



20170522-1.JPG


ヒロ画廊さんを訪ねてみました。





20170522-2.JPG


今回は、イタリアの現代女流作家、

ミケーラ・ペドロンさんの展覧会と

いうことです。古民家風の建物に、

どんな様子でマッチするのか。





20170522-4.JPG


しかし鹿の絵画は、違和感も無く、

和風建築にマッチしていました。

極彩色の自然をバックにした絵は

日本庭園と絶妙なバランスです。





20170522-5.JPG


壁面には天女。ベースは「和」で

ありながら、派手と渋さが調和し、

ロックなテイストすら感じます。





20170522-6.JPG


「Dear Deer」というこのシリーズ、

うわべのものに捕らわれず、真実を

見つめて下さい、という警鐘だとか。





20170522-7.JPG

20170522-8.JPG


インテリアの要所要所に鹿の角の

モチーフが。人の手のようでもあり、

邪悪な使いのようでもあり。色々と

イメージをかき立てられる展示です。





20170522-10.JPG


ヒロ画廊さんは建築自体も素敵で、

こじんまりとしつつも天井が広く、

隠れ家のような雰囲気。今回作家の

ミケーラさんもしばらく滞在をし、

制作の仕上げを行ったそうです。





20170522-11.JPG


夜や死、生命を象徴するカラス。

日本画にも題材として扱われる、

これだけ大きくても馴染みます。





20170522-12.JPG


作品を見に、ただただ思索しに、

訪れてみてはいかがでしょうか。

28日まで、火・水が休みですが、

最近伊豆大川にできた別館は、

無休でやっているそうです。





20170522-14.JPG


大川の会場はまた違った様子で、

モダンな展示だそうです^^平日の

休日、足を運んでみたいです。




20170522-13.JPG



Maple Housing





ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr





20170521-1.JPG


伊豆高原アートフェスティバルも後半。

ギャラリーZEROさんを訪問しました。





20170521-2.JPG


清廉なギャラリーながら、

知人のお家に伺うような、

親しみやすい空間です。





20170521-3.JPG



白磁の展覧会です。可愛らしい、

天使のお尻のようなかたちに、

思わずにっこり。





20170521-4.JPG


「ぴーち」シリーズという名前で、

用途も使う方にお任せします、

とのこと。器としても良し、

花を挿しても良し。



撮りそこねてしまいましたが、

このぴーちシリーズ、裏返すと

ハートの形をしているんですよ^^





20170521-5.JPG


柔軟な発想で、りんごのピースや、

缶のパインを模したものもあり。





20170521-6.JPG


最近は和のモチーフを扱うことが

多いとのこと。こちらはまるで、

塩釜のような、鯛の置き物。





20170521-7.JPG


どんな題材も白磁に似合って新鮮。





20170521-8.JPG


お面もありました!白磁のお面、

有りそうで無かったオブジェ。





20170521-9.JPG

20170521-10.JPG


「白磁は冷たい印象があります。

だけど、曲線を多く使うことで、

季節を問わず使えるものにしたい」

作者の酒井さんは、そう話します。





20170521-11.JPG


ふと壁面に見つけた不思議な形...





20170521-12.JPG


家守(やもり)です!沖縄では、

「ヤールー」と呼ばれる家の守り神。

こちらの作品名も「ヤールー」でした。





20170521-13.JPG


裏返すと空洞になっており、

ひもを通せる穴も空いています。

展示もピンだけで留まっていました。

軽量なんですね。これなら壁面でも、

手軽に飾ることができます^^





20170521-14.JPG


ひときわ目をひいたのは、足の指が

ついた、ブーツ!画家・マグリットの

絵画をモデルに、白磁で再現したもの。





20170521-15.JPG


斬新な星柄で、ポップアートに変身!





20170521-16.JPG


新しい解釈で、マグリットも驚きそう。





20170521-17.JPG


お庭にも白磁のアヒルの親子が、

今日はちょっと暑そうにお散歩です。





20170521-18.JPG


使ってくれる方がいて初めて、作品は

作品として完成します...と酒井さん。

引き出物や記念日の贈り物に、

ウィットに富んだ雑貨を求める方に。

ちょうどお勧めしたい、

白磁達でした。



***************

「白の足跡~白磁・酒井崇全展~」

ギャラリーZERO(伊東市八幡野1283-92)

昼13時~夕17時  0557-54-0117

5月25日(木)まで 月・金休 

***************



Maple Housing





ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



続けてお送りしています、

伊豆高原アートフェスティバル。

長田三賀子(ながた・みかこ)様の

ご自宅兼アトリエを訪問しました。





20170508-1.JPG


伊豆高原バウハウスでも独自の世界を

展開されていた長田さんは、m.yam

(エムヤム)さんというお名前で、

作陶活動をされています。ご自宅の

アトリエに展示されていたのは、

普段使ってみたくなる、可愛らしい

色合いのお皿やお鍋の数々。





20170508-2.JPG

20170508-3.JPG

20170508-4.JPG


お魚のモチーフが多いのは、

伊豆を意識されてでしょうか。

ユーモラスだけどぴりっと辛口で、

だけどほっこりとした、うつわ達。





20170508-5.JPG


軒先でオープンされています。

初夏の風が心地よく。





20170508-6.JPG


今回はお友達の真鍮(しんちゅう)

作家のコナヤさんとの展示です。

キラキラ輝くかんざしが素敵...





20170508-7.JPG

20170508-8.JPG





20170508-9.JPG


取材も忘れて思わずお聞きしたのは

このお鍋について。無水で調理が

できるんですって。お芋やパンを

水っぽくさせずにふかせるって、

とっても便利! 火にもかけられ、

そのまま保存でき、絵付けも良くて...





20170508-10.JPG


女性が手がける、実用的な作品は、

暮らしで使える楽しみがありますね。





20170508-11.JPG


...と思いきや、お面が...!





20170508-12.JPG

20170508-13.JPG


大胆な作品には、思わずドキドキ。

ご主人様が造っているという、

大きな作品も拝見しました。





20170508-14.JPG


木の骨組みに、モルタルで肉付けし、

乾燥させているところだそうです。





20170508-15.JPG


ご主人様やお友達と、潮風の中で

制作にいそしむ日々。こちらのお家も

幸運な偶然で、手に入れられたとか。





20170508-16.JPG


長田さんの伊豆での暮らしはまだ、

始まったばかり。どんな作品達が、

ここから生まれていくのでしょうか。



アートフェス中は金土日の週末、

ご自宅で展示されているので、

ぜひ訪ねてみて下さい。



20170508-17.JPG


***************

「カラフルな陶のオブジェと不思議な小屋」

5月1日~28日『japomyam』瀬戸山バス停そば

昼12時~夕17時  月~木休 090-2482-7936

***************



Maple Housing





ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



盛況の伊豆高原アートフェスティバル。


主催する「アトリエKASUGA」さんを

訪問させていただきました。





20170507-2.JPG


沿道でありながら森のような風情。

そっと木の引き戸を開けると、





20170507-3.JPG


内部は静謐なフォトギャラリーに

なっていました。





20170507-4.JPG


入ってすぐ、目を引く青色の作品群。

『蒼い花』というタイトルの、

宝槻さんという方の展示です。





20170507-5.JPG


「永く記憶に残るという青い色を、

メインに使っているんですよ。」





20170507-6.JPG


記憶に働きかけるという、

青い写真。蒼い花々は神秘的。





20170507-7.JPG


どの花も自然の伸びやかさから転じ、

より清らかに生まれ変わっています。





20170507-8.JPG


こちらは何と印画紙から、

オリジナルで作られるという作品群。





20170507-9.JPG


「昔ながらの味わいを出すために、

材料から手がけているんですね。」





20170507-10.JPG


納得しながら、鑑賞を進めます。

窓の外の緑もとても綺麗。





20170507-11.JPG


こちらは、春日さんご自身の作品。

大自然のワンシーンをモノクロームで

切り取り、絵画のようにも見えます。





20170507-12.JPG


渡米して長く暮らした春日さんは、

現在でも年に数回は海外へ渡り、

大自然や荒野の中に身を置いて、

撮影に取り組むそう。拠点はここ、

伊豆高原で制作活動をされています。





20170507-13.JPG


シックな壁に合う、ストイックな作品。

よく見ると、画角が信じられないほど

正確で、目が離せなくなります。





20170507-14.JPG


「デジタルの表現は、アナログでは

表現できないものを、表せるように

なりました。」と、春日さん。





20170507-15.JPG


階段を上ったところにも展示が。

お家のレイアウトも素敵です。





20170507-16.JPG

20170507-17.JPG


お仲間の小路さんがいらっしゃいました。

長野と群馬の境にある谷で霧に包まれ、

偶然にも撮影。それまで街の写真を

多く撮っていましたが、この出来事で

森も撮れると気付いた、記念的作品。





20170507-18.JPG


作家の方々から直接お話を聞きながら、

作品を鑑賞できるのが、伊豆高原の

アートフェスティバルの醍醐味です。





20170507-19.JPG


お話を聞きながら鑑賞することで、

時には難解に思える芸術作品も、

正確に理解でき、一層味わい深く、

記憶にとどめることができます。





20170507-20.JPG


最後に目にしたのは、女性の作品。

日芸大学院の研究生の方だそう。

「花葬式~flower funeral~」と

題された、桐の箱に入れられた、

美しい花の写真。「大事な記憶を、

あの世に持っていきたい」と。





FullSizeRender.jpg


アトリエKASUGAさんの展示物は、

全てが夢の中のように美しく、

記憶との深い関わりを感じられ。

いただいたポストカードを、

職場のデスクに飾り、眺めては

写真の記憶を確かめています。



***************

アトリエKASUGA「アートフォトグラフィー展」

5月1日~21日 セントラルパークバス停そば

朝10時~夕16時  月・火・水休 090-8720-7843

***************



Maple Housing





ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



20170505-1.JPG


今日も五月晴れ。大室高原にある、

重岡健治先生のアトリエを訪問しました。





20170505-2.JPG


重岡建治。1936年生、伊東市大室高原在住。

圓鍔勝三(えんば・かつぞう)氏に師事、

日展に9回入選。その後イタリアへ渡り、

エミリオ・グレコに師事。現在は、

その作品が国内外で収集・展示されている、

だけど先生は小柄で気さくな方でした。





20170505-3.JPG


70歳を超える今でも精力的に、

活動されている先生。アートフェスの

期間には、毎年2,000人もの方々が、

アトリエを訪れるのだとか。





20170505-4.JPG


どの作品も惜しみなく見せて下さり、

コンセプトを説明して下さいます。





20170505-5.JPG

20170505-6.JPG

20170505-7.JPG

20170505-8.JPG

20170505-9.JPG


大ぶりな作品も数多いため、

アトリエは吹き抜けになっています。

弊社社長は20代で重岡さんに出会い、

節目節目に励まされてきました。

今でもなお、親交は続いています。





20170505-10.JPG


重岡さんの初期のブロンズ作品。

弊社の応接スペースにはこの作品の

木彫の型が飾られています。伊豆の、

木々を蘇らせることも先生の目標。

伊豆高原のアートフェスには第1回の

立ち上げから長く携わられています。





20170505-11.JPG

20170505-12.JPG

20170505-13.JPG


伊東市の渚彫刻公園では20点近くの

先生の作品が一挙に鑑賞できます。





20170505-14.JPG


先生の娘さんもアトリエをお手伝い。





20170505-15.JPG

20170505-16.JPG


作品制作に使用している道具達も、

全て公開して下さっています。





20170505-17.JPG

20170505-18.JPG


たまに描くという富士山の秘密も、

愛嬌たっぷりにそのエピソードを

お話しして下さいました。





20170505-19.JPG


ぜひ、先生のアトリエを訪ねて、

触っても良いという先生の作品と、

その優しさに触れてみて下さい。





20170505-20.JPG


重岡先生、ありがとうございました。

いつまでも元気でいらしてください!



***************

「重岡健治の世界展」

5月1日~21日 重岡建治アトリエにて

朝時10時~夕16時  無休 0557-51-6222

***************



Maple Housing





ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr




先日ご紹介させていただいた、

伊豆高原bauhausの初展覧会・

PUNK PICASSO 10を企画された

たてのしげきさんのお店、


初めて伺いました。





20170504-1.JPG


色々な方から情報を耳にし、

ずっと行きたかったお店です。

住宅街の中、辿り着くと、

急に開ける別世界。





20170504-2.JPG


壺中天(こちゅうてん)とは漢書より、

俗世から離れた別天地を表す言葉。

表札もさりげなくお洒落です。





20170504-3.JPG


ひと足、建物に踏み入れると

美術書、思想書、写真集...。





20170504-4.JPG


アートに関心のある方ならば

垂涎の、専門書がひしめく棚。

何時間でもいられそうな空間...





20170504-4-B.JPG


(これは、ゆっくり来なければ!)

今日はお仕事なので、

駆け足なのがとても残念...。





20170504-5.JPG


現在「壺中天の本と珈琲」では、

山田ミノルさんの銅版画展を開催中。





20170504-6.JPG


繊細で詩情あふれる、銅版画の世界...





20170504-7.JPG


薫り高い珈琲をいただきながら、

ゆっくりと鑑賞することができます。





20170504-8.JPG


銅版画以外にも「This is this」と

題し、立体物も展示されています。





20170504-9.JPG


壺中天店主・たてのしげきさん。

bauhausに続き、お会いするのは二度目。





20170504-10.JPG


お話に聞いていた奥様も今日はご一緒。

ご夫婦で来客の接待にあたります。

今日、頼んだコーヒーは「ミモザ」。





20170504-11.JPG


常連のお客様らしいヨガの先生と、

その生徒さん達のご一行様にも遭遇。

伊豆高原には色々な方がいるんですね。





20170504-12.JPG


壺中天の建物は「アトリエワン」が

手がけており、前面道路に沿った

曲線的な壁が斬新、かつ優雅。

木立を眺めることがメインとされ、

まるで深い森の中にいるかのよう。





20170504-12-A.JPG





連休により盛況だったことと、

私自身も知人に遭遇し、ゆっくり

たてのさんとお話しできなかったのが

心残りです。なので、これを機会に、

足しげく通いたいと思っています。





20170504-13.JPG

20170504-14.JPG


***************

山田ミノル銅版画「OPACITY~不透明な者たち~」

5月1日~29日 伊豆高原「壺中天の本と珈琲」にて

伊東市八幡野1033-7 (伊豆急城ヶ崎3次の10)

朝8時~夕16時  火・水・木休 0557-53-8406

※5月1日~5月8日の連休は休まず営業しています。

***************



JS





ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr




本日5月1日から、第25回となります


開始しました。このフェスはいわゆる

観光や、商業目的のイベントではなく、



伊豆高原に移住してきた方の文化祭、

そして交流の場...が目指すところで、



よって純粋にアートを、暮らしの中の

一部として楽しむ方々が主体となる、

「日常の中の祭典」になった形です。



参加している個人の方、および店舗は

100軒近くにのぼるのですが、今回は

そんな祭典の中でもかなりとんがった、

「バウハウス」さんを訪問しました。





20170501-0.JPG


もともと企業の保養所だった建物を、

むき出しのコンクリート仕立てにし、

中に入るやいなや、パンクなアートの

オンパレード。写真を加工する方...





20170501-1.JPG


カラフルでエネルギッシュなヌード...





20170501-2.JPG

20170501-3.JPG


建物の隅々まで表現に利用しています。





20170501-4.JPG


オープニングパーティーに参加させて

いただきました。様々な年代や職業の

方々が集い、持ち寄り料理でわいわい!





20170501-5.JPG


熱海でも三島でも、南伊豆でもない、

伊東・伊豆高原という土地ならではの、

都会と地元の人々がクロスする雰囲気◎



漂着物を収集・展示する山田ミノル氏。

稲取にお住まいです。東海岸全域から

集められたプラスチックや金属は、

どこか哀愁があり、どこかユーモラス。


20170501-6.JPG

20170501-7.JPG

20170501-8.JPG





何やら可愛らしいオブジェが並ぶ...

と思いきや。


20170501-9.JPG



m.yam(エムヤム)というお名前で

作陶をされている、長田三賀子さんが

いらっしゃいました。『誰かの窓』と

いうシリーズで、生活に密着した物を

陶器で表現し、見つめなおしています。



20170501-10.JPG

20170501-11.JPG

20170501-12.JPG

20170501-13.JPG





おそらくリビングやキッチンだったと

思われる空間が、ギャラリーの一角に...

遠くに見える水平線も、観光地伊豆の

風物詩というより、詩的に感じられ...


20170501-14.JPG

20170501-15.JPG





不動産業の弊社として興味深いのは、

もとは浴室や洗面所であっただろう、

タイル張りのスペースまでも上手に

利用されていること。「壊す」そして

「むき出す」という概念が衝撃的!


20170501-16.JPG

20170501-17.JPG

20170501-19.JPG

20170501-18.JPG





どこもかしこもウィットに満ちている、

この空間を作り出し、人を寄せたのは、

舘野(たての)茂樹さん。ブックカフェ

「壺中天の本と珈琲」オーナーです。


20170501-20.JPG



これから始まりますねえ!と語らう、

いきいきした時間。壺中天の方でも、

フェスに参加しているそうですので、

こちらもぜひ行ってみたいところ^^



20170501-21.JPG



伊豆にいながらにして、前衛アートの

気概に触れることができた訪問でした。

これから一か月、とても楽しみです!



20170501-23.JPG

20170501-24.JPG





Maple Housing





ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

アーカイブ

Green Blog