伊豆暮らしの多彩なショップ

フランス焼き菓子「レマンの森」

レマンの森-signboard

レマンの森_外観とオーナーレマンの森_店内レマンの森_ショーケース

伊豆高原の通称「グルメ通り」にトリコロールカラーのフランス国旗が目印の「レマンの森」は、本格的なフランス菓子の伝統を継承しつつ、さらなるおいしさを
追求するアグレッシブな若きパテシエ小内正敬氏のお店。

小内家はお父様の代から洋菓子のパテシエで、正敬氏は幼少の頃から洋菓子に囲まれた生活。「まったくこの世界に入るつもりはなかった」はずがいつのまにかお菓子 作りに没頭する毎日に。やはりお父様のDNAを受け継いでいらっしゃるのですね。22歳で製菓学校を出てからお菓子修行の為に渡仏。様々なパティスリーで研修を積み、帰国後は日本で初めてのフランス人によるフランス菓子専門店「ルコント」に勤務されていました。
お父様の「レマンの森」を受け継ぐ決心をされたのは、2年前の2005年。フランスが誇るお菓子のトラディショナルな「おいしさを」大切にしつつ、1+1=2が3にも4にもなるサプライズのある小内流の「おいしさ」を目指しているそうです。

お店にはケーキは35種類以上、その他にも冷凍でテイクアウトできるチーズケーキ 「森の愛菓」や伝統のレシピを尊重してドライフルーツを贅沢に使って焼かれたフルー ツケーキ・良質なバターをふんだんに使ったマドレーヌなどどれもこれも味だけでなくその美しい形まで思わず魅とれてしまうセレブリティなお菓子ばかりです。 また、本場仕込みのクロワッサンやバゲット、ブリオッシュなどの焼きたてパンがご別荘の方々に人気で見逃せません。
テイクアウトの他お店の中やテラスで味わうことも出来ます。伊豆高原の緑の森の中、南仏のコテージを思わせるお店はリゾートらしさいっぱい。

「リクエストいただくことも多いので、これからはニューサマーなど地元の食材を使ったお菓子 を創ってみたいですね。」「伊豆高原を愛してここでお店を営させてもらっているので何らかの形で地元に貢献していき たい。伊豆高原のペンションやブティックなどの若手オーナーでISSCという倶楽部を作って相互に紹介しあってお店を利用してもらう活動にも参加しました。」

夢はフランス本国から「シバリエ勲章」を授かることと、真っ直ぐな眼差しで語る小内氏に「小内氏にとってお菓子とは?」
「食べた時においしいと感じる気持ちはイコール幸せ感。ほんの一時でもお菓子を通じて至福の時を届けられればと思っています。」

秋のおすすめはイタリアから取り寄せる最上級の栗で仕上げる「マロングラッセ」とのこと。ぜひご賞味下さい。

レマンの森
静岡県伊東市八幡野1244-91
tel/fax:0557-51-8117
営業時間:9:00am〜6:00pm(サマーシーズン 9:00am〜7:00pm )
定休日:水・第3木曜
Website:http://www.leman-mori.jp/

取材・撮影:メープルハウジング
画像、本文などの無断転用は
法律により禁止されています

伊豆スタイル_トップへ|vol.2へ|

優良不動産物件で快適な伊豆ライフを

彩り鮮やかなリゾートの生活

伊豆には豊かな自然がいっぱい!

おしゃれな別荘ライフが人気です。

伊豆の海を眺めて暮らす。