ずっと守りたい伊豆高原の自然

Our nature_ vol.1 一碧湖

このコーナーでは、どこを切り取っても美しさと尊さが
際だつ伊豆高原の自然の魅力をレポートして参ります

大室山から伊東方面に緑の中を約3km程行くと眼下に湖が見えてきます。
湖は周囲を山に囲まれ、穏やかで、小さいながらも 美しさが際だっています。
湖の名前は「一碧湖」。
別名「伊豆の瞳」と称され、日本百景にも選ばれている伊豆半島唯一の自然湖です。

春は満開の山桜が湖面に舞い散り、秋は湖を色とりどりの紅葉の縁取り、夏は鮮やかな緑と空の青さのコントラスト、冬には白く雪をかぶった富士山を望めます。その四季折々の豊かな自然は湖を訪れた現代フランス画壇の巨匠カシニョールも絶賛。東洋一の美しさと評しています。
湖は北西側の大池と南東側の小さな沼池の部分とにひょうたん形に分かれています。周囲4kmは「歩く」を愉しむのにジャストサイズ。所々に休憩場所を設けた遊歩道は起伏もあまりなく、自然の木々や草花を愛でながらゆったりと散歩することができます。

お散歩で疲れたら、ちょっと立ち寄りたい食のお店もたくさんあります。フレンチにイタリ アン、和風とどれもオーナーのセンスの良さが伝わるモードな店構え。 中でも、湖の畔に建つ伊豆一碧湖美術館の中のデザートテラスは湖を見下ろしながら 食事やお茶を愉しめ、秋めく爽やかな空気の中で対岸の山々に沈む夕陽を眺めれば、 きっと素敵な秋のひとときを過ごすことが出来るでしょう。

沼池は沼地自然保護区に指定されていて、葦やフトイが生い茂り、伊豆では珍しい湿地帯の風景が広がります。さらに周辺の森は野鳥の保護林。バードウォッチングや昆虫の観察など愉しみは尽きません。
また、大池にはブラックバスやブルーギルが生息していてレイクフィッシングもOK。
余談ですが、一碧湖のブルーギルは1966年北米ミシシッピ川から現在の天皇陛下がこの一碧湖にお放しになったのが日本で初めてとのことです。

「伊豆暮らし」はじめませんか。
メープルハウジングは
伊豆の自然環境を愛し、
守っていきたいと願い
チームマイナス6%に参加しています

取材・撮影:メープルハウジング / 画像、本文などの無断転用は法律により禁止されています

伊豆スタイル_トップへ|vol.02へ|vol.03

優良不動産物件で快適な伊豆ライフを

彩り鮮やかなリゾートの生活

伊豆には豊かな自然がいっぱい!

おしゃれな別荘ライフが人気です。

伊豆の海を眺めて暮らす。