夏の働きもは誰だ?

 

 

 

母親と妻は「危ないからダメ」っと絶対反対なのですが、父と私で二人に内緒で飼っている庭の片隅で飼っているちょっと変わった生物たち。

確かにブーンブーンと庭先にも玄関先でも飛び回っています。

でも、ただ飛び回っているのではなく仕事で飛び回っているのだからしょうがない。

花から蜜をせっせと集めているんだから、そうなんです「ミツバチ」を飼っているんですよ我が家では!

無添加の混じりっけのない天然の蜂蜜は、ほんとうに美味しいんですよ。

反対している女性陣だって蜂蜜ができあがれば、ブツブツ言っていた小言も忘れて自然の恵みに感謝しながら喜んで食べるんですよっ!


ここ何年かはミツバチの箱を作ってもなかなか蜂が入らなかったり、もう少しで採取っというころになって病気で蜂が全滅になったりと不作が続いていたので、父の気苦労も絶えませんでしたが、今年はまず第一段階の蜂の入厩が済んだので、後は無事に月日を重ね美味しい蜂蜜が巣の中に一杯に詰るころまで父の番人役が続きます。

 

 

ミツバチ (6).jpg


 

ミツバチ (5).jpg

 

 

父いわくミツバチは人を刺さないから大丈夫と言いながら父の耳たぶには蜂がとまっていましたが、これもご愛嬌できっと天敵から守ってくれる番人さんは刺されなんでしょう?
動くミツバチの針が・・・


ともあれ今年はうちの社長も絶賛の蜂蜜が久々に味わえそうで楽しみな夏となっています。

また、収穫の時にご報告いたします。

by大内

 

 

 

次の記事 : ピッツァが食べたくなったら「プルチーノ」!  前の記事 : 鮎のひもの「修善寺 魚吉」

コメントする

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

アーカイブ

Green Blog