【伊豆と伊東の地図展】



地図も便利になりましたね。
近年のスマホの地図アプリの使い勝手の良さたるや、
カーナビの性能を凌駕しているんじゃないか?と思うほど。

しかし、アナログな地図にはアナログな良さがあります。
地図を眺めているだけで、数時間トリップしちゃいそうな味があります。
特に昔の地図は、自分の知らない新たな発見がありますね。

ということで、伊東市役所で25日から開催されている、
【日本ジオパーク認定一周年記念「伊豆と伊東の地図展」】を見学してきました。



20131126_1.jpg


簡単にいえば、過去の地図をズラッと展示しているだけなのですが、これが実に楽しい。
時代時代でいろいろなものが見えてきます。

1番古い年号の地図は寛永と表記されていますから、
つまりは江戸時代の地図を展示してあります。
見ると、宇佐美や湯川、松原、和田、新井などと、今の地名と同じですが、
川奈だけ「川名」となっていますね。
やはり川奈の方が馴染みがあります。



20131126_2.jpg


個人的に好きなのは、この俯瞰図。
これはもう一種のアートと考えても良いと思います。
良い出来!



20131126_3.jpg


川奈ゴルフ場のすぐ近くに富戸が無く、いきなり熱川になってたり、
一碧湖がやたら大きかったりと、実際と全然違うじゃねーか!と思いがちですが、
そこに味があって良いんですよねぇ。



20131126_4.jpg


あと同じ場所を、年代ごとに見比べると更におもしろい。
今だと地図を見るとき、駅が一種のランドマークになって基準になると思うのですが、
昔の地図だと駅が無いから、パッと見どこだかわからない(^^;



20131126_5.jpg


これは見づらくて大変申し訳ないのですが、伊東駅が無い代わりに、
東海自動車の待合所が確認出来ます。
それに旅館がやたら多いのがわかります。
なんだかんだで観光地というのが窺えます。



20131126_6.jpg


で、これが私の実家の近所のあたりですが、今でも存在する名前もチラホラ。
鳴戸薬局さんやら伊東印刷さんやら文泉堂さん。
それに大沼新聞店さんも確認出来ます。
逆にそんな古くからやってるの!?というカンジです。



20131126_7.jpg


こちらのものになると、松川河口沿いに警察署、役場、郵便局、駿河銀行が密集し、
いわば伊東の中枢といった風になってます。
それに暖香園さんも確認出来ますねぇ。



20131126_8.jpg


20131126_9.jpg


で、感動したのはこの地図。
赤丸で囲ったこの「山口商店」って、私のご先祖様じゃなかろかな?と。
山から熊野神社を経由して下ったところに、山の入り口だから「山口」という屋号で
足袋屋を営んでいたと聞いたことがあります。



20131126_10.jpg


また、今では主要道路になった中伊豆バイパスですが、この時はまだ無く、
当然ながら冷川峠しか存在しません。
宇佐美も宇佐見村と表記されていますし。



20131126_11.jpg


最後になりますが、私は修善寺方面にも少し明るいのですが、
こちらもおもしろかったので載せてみます。
今ではやはり修善寺駅周辺が栄えているのですが、このときはまだ修善寺温泉場が主。



20131126_12.jpg


既に菊屋旅館さんが存在しますし、新井旅館さんもあります。
おもしろいのは、温泉場に役場があって警察署もあるところ。
丁度、今の戸田へ抜ける県道18号、修善寺戸田線にあったってことなんでしょうか。
いろいろ思いを馳せてみるのが楽しいのです。

これらの地図は、伊東市役所にて30日まで展示されていますよ。
個人的には、も1度ゆっくり見に行きたいです。


m.suzuki


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr

次の記事 : 伊豆高原 ローズガーデンテラス  前の記事 : こたろうとお出かけ 後編

コメントする

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

アーカイブ

Green Blog