ヨーロッパはデザインの聖地だ。

 

 

 

長らくお休みを頂きドイツに行ってきました!

いやぁ~旅は良いもの特にヨーロッパは良いですね。

 

今回は主に近代建築デザインの聖地であるドイツに滞在していたのですが、なにが聖地といえば「バウハウス」なんですね、そして第3代目校長である「ミース・ファン・デル・ローエ」が近代建築の基となるユニヴァーサル・スペース(柱と梁のラーメン構造)を提唱し、西洋の伝統的な煉瓦や石積みで造られた暗く狭い空間から建築物が、現代の明るく広い空間へと世界的に大きく流れが変わっていったといわれています。

 

このミースは家具などのデザインも手掛け椅子などの優れものを世に残しています。

私も「ブルーノチェア」を愛用しておりますが、毎日見ていても飽きないしなにより座り心地バツグンな椅子です。

 

 

能書きはさておき今回は空港編をお送りしま~す!!!

 

d1.jpg

 

まずはトランジットの為に降り立ったヘルシンキ空港、私的にはヘルシンキといえば「アルヴァ・アアルト(こちらも建築家)」なんですが、

空港内でまず目に入ってくるのはムーミンなんですね。なんでも生誕100年目とかで至る所にムーミン・ムーミン・ムーミン。

 

d4.jpg

d5.jpg

d8.jpg

隣のムーミンは大忙しの為スナフキンと記念撮影!

 

 

 

そしてどんどん空港内を移動して行くと。

 

フィンランドを代表するデザイン企業のMarimekko(マリメッコ)やらIittala(イッタラ)の

ショップ並んでいて早くもテンションが揚がります。

 

d6.jpg

 

d7.jpg

 

ここから荷物を増やしてもと思わず買いもに走りたくなる気持ちを抑え、先ずはいっぷくとスタバに。

スタバの照明もカッコイイ、思わずパチリ。

さすが北欧な感じの照明器具でしたよ。

 

d2.jpg

d2 (4).jpg

 

 

空港内は至る所に北欧を感じさせるシャープなデザインと綺麗な色使いが溢れています。

 

d3.jpg

 

d2 (5).jpg

 

アアルトの椅子も何気なく使われいました。

d9.jpg

 

楽しかったトランジット、ヘルシンキにお別れしハンブルグまではフィンエアーで。

 

d10.jpg

 

 

そして約2時間、早くもハンブルグ到着。

 

 

 

空港内もガラッと変わりシルバーとブラックに纏められたいかにもドイツだ、といった感じの直線的でシャープなデザイン。

 

 

IMG_2998.jpg

 

IMG_2996.jpg

 

 

そしてメルセデスのタクシーに乗ってホテルへ。 

 

IMG_2777.jpg

 

 

次回に続く・・・・・・!

 

by山崎

 

 

 

ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr

 

 

 

次の記事 : Re:河津桜まつり  前の記事 : 美味しいいただきもの

コメントする

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

アーカイブ

Green Blog