「峠の茶屋」の季節です!

 

 

この時期になるとなんやら無性に食べたくなる自然薯!

やはり冬の季節が旬で美味しいんだよね。

とろろを食べるならスカイライン沿いに在る「峠の茶屋」ですね私は。

 

子供の頃からよく連れてきてもらっていた懐かしの味は、

地元で採れた食材を無添加で仕上げ食品として使用し料理された、

田舎のおばあちゃんが作ってくれたまさにスローフードってかんじでしょうか。

土の香りと濃厚な味のする自然薯の「とろろ」、自家製味噌の干し椎茸の味噌汁に、

季節の野菜の煮物、山葵の茎の漬物、古漬けの酸っぱいタクアン、

なんかね~、ほっとするんですよねこの手の食事。

 

tougenotilya (5).jpg

外観写真は以前の行った時のものでみょ~に日差しが強くて御免なさい。

tougenotilya (22).jpg

 

 

 

この日は欲張って蕎麦&めしのセットメニューと自家製こんにゃくの味噌おでんを注文。

麦飯はお櫃に入って十分な量が出てきますが足りない方はおかわり自由ですから、

サラサラ~っと心配しないでたくさん食べてください。

 

でもお腹の膨れるとろろですから、その後のことは自己責任でお願いします!

 

tougenotilya (17).jpg

 

 

tougenotilya (13).jpg

 

 

tougenotilya (14).jpg

 

みかんを除けばおおまか茶系の田舎色なのが安心感を増しますよね。

これぞマクロビオテックですよ!

 

 

tougenotilya (15).jpg

 

 

この味噌おでんはコンニャクの歯応えが癖になります!

 

tougenotilya (10).jpg

 

 

 

お土産で売っている自然薯の値段を見てビックリ!!!

 

tougenotilya (9).jpg

 

でもね~子供の頃よく山に堀に行ったのですが、

折らずに最後まで一本掘り上げるには相当の時間が掛りますからね、しょうがないか。

 

 

お店の中はこんな感じ。

tougenotilya (27).jpg

 

 

tougenotilya (25).jpg

 

 

無造作にハンガーで干している切干大根、田舎の家って感じお店らしくなくっていいですよね。

tougenotilya (16).jpg

 

季節ですから、たまには伊豆に来ても魚じゃなくて山の物を食べてみるのは如何ですか!

 

by yamazaki

 

ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr

 

 

 

 

次の記事 : 建築家フランク・ロイド・ライトを辿る  前の記事 : ベーカリーカフェ 久遠(くおん)

コメントする

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

Green Blog