小室山の頂上からの景色知ってますか?



伊東市のランドマークである小室山と大室山。

人気という点では、どこか大室山に大差をつけられてしまった感のある小室山ですが、
その山の歴史は大室山よりも遥かに古く、
約4000年前に起きた、火山の噴火によって誕生した大室山に対し、
小室山は約14000年も前に起きた、同じく火山の噴火によって誕生しています。



20160904小室山_1.JPG


20160904小室山_2.JPG


もう、小室山に比べたら、大室山なんて若造ですよ。


そんな小室山、頂上がどうなっているのか、
子どものころに親に連れられて何度も見ているハズなのに、
どうもその風景というか景色が思い出せません。

これは伊東市民として由々しき問題。
ということで、真夏の8月某日に小室山に上ってきました。

この日の日中の気温は35度。
そんな暑い中、付き合ってくれる酔狂な人はいないので、もちろん一人で。
意外なところで人望の無さが露呈しますが気にしません。


てくてくと歩き始め、杉林を抜け、
恐竜広場を抜けると、若造の大室山が見えました。



20160904小室山_3.JPG


20160904小室山_4.JPG


20160904小室山_5.JPG


草原からの海の眺めも素晴らしいですね。
途中途中でこの様な景色が楽しめるのも、大きなポイントでしょうか。



20160904小室山_6.JPG


更に頑張って上ると、ついに山頂に到着。
見事単独登頂達成!

左手にカメラ、右手に汗を拭くためのハンカチを握りしめ、
汗で全身ずぶ濡れになった私を待っていたのは、
川奈ホテルやゴルフ場、大室山までもくっきりと見える、
360度に広がるのパノラマな風景。



20160904小室山_7.JPG


20160904小室山_8.JPG


海底噴火で一躍有名になった手石島も見えますよ。



20160904小室山_9.JPG


残念ながら空がモヤっていたので、本命の富士山までは見えませんでしたが、
爽やかな風が吹き抜け、ずぶ濡れの私の体を優しくクールダウンしてくれます。
真夏なのに山頂付近は涼しいですね。



20160904小室山_10.JPG


こちらからは麓のツツジや市営のテニスコートや、野球場もしっかりと見えます。
リフトでなら約3分ほどで山頂ですが、30分ほどかけて歩いて上ることに意義があります。



20160904小室山_11.JPG


これら山頂からの景色を見ても、既視感はあまり感じず、
本当に忘れてしまったことなのか、軽く熱中症になりかけの、
朦朧とした意識だから思い出せないのかは不明です。

一ついえるのは、小室山からの景色も良いものでした。
も少し涼しくなったら、また山頂を目指します。



20160904小室山_12.JPG


m.suzuki


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr

コメントする

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

Green Blog