松川から東海館を望む風景



伊東市のシンボル的存在の東海館。
松川河畔に、大正末期から昭和初期の温泉情緒を今に残す、
木造建築三階建ての貴重な建物です。

昭和初期の旅館建築として文化財的価値があるため、
戦前からの温泉情緒を残す景観として保存をし、
後世に残す必要があるということで、伊東市の文化財に指定されています。
また、伊東八景の一つでもあります。


今回、改めて松川側からの風景を散歩がてら見物してきました。


台風13号が近づく中で、ちょっと生憎のお天気でしたが、
海側から松川橋の下をくぐってアプローチします。



20160909東海館_1.JPG


20160909東海館_2.JPG


鴨がちょっと休憩している横を通り、
そのままズンズンと進んでいきます。



20160909東海館_3.JPG


20160909東海館_4.JPG


このあたりは、子どものころによく遊んだ場所。
今ほどは綺麗に舗装されておらず、
うっかり浅い入江に入ってきたボラを、手づかみで捕ったこともあったっけ。
(遠い目)



20160909東海館_5.JPG


20160909東海館_6.JPG


大川橋の上から見る東海館はやはり情緒があり、やはり画になります。
約100年近く、この伊東市を見守ってきた建物。
さすがは伊東八景のことはあります。



20160909東海館_7.JPG


20160909東海館_8.JPG


そのままのんびりと遊歩道を進みます。
子どものころから慣れ親しんだ東海館ですが、
時間をかけて眺めることも減り、
たまには伊東市内を歩くのも悪くないなーと。



20160909東海館_9.JPG


20160909東海館_10.JPG


毎日が加速度をつけて過ぎていきますが、
たまにはこの様にのんびりとした時間を過ごすのも良いですね。

暑い日がも少し続くみたいですが、
涼を求めて散歩してみてはどうでしょう。



20160909東海館_11.JPG


20160909東海館_12.JPG


m.suzuki


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr

次の記事 : お彼岸は目の前!稲も成長してます  前の記事 : バーンハタのスパイシーチキングリーンカレー

コメントする

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

Green Blog