アルヴァ・アアルトは言うまでもなく、
近代建築の巨匠の一人と考えられている人物です。

どんなに良い建築物であっても、
それを実際に目で見なければ本当の良さはわかりません。
その空間に流れている空気感や質感が全てだからです。


アルヴァ・アアルトのアトリエはそれが顕著です。


アアルトのアトリエは、ヘルシンキ市内の高級住宅街の中にあります。
真っ白な外壁が特徴で彼の作品だとすぐにわかります。

ちなみにですが、彼はここを事務所として利用していましたが、
事務所というよりもアトリエと表現した方がピッタリ。



20151122_1.jpg


20151122_2.jpg


このアトリエの活動は続いていて、彼が設計した建物の保守や保存の仕事を、
今でも継続して行なっています。


中庭からアトリエを見てみましょう。
連続した白く美しい外壁ですね。
そして写真では伝わりにくいですが、とても気持ちの良い庭です。



20151122_3.jpg


20151122_4.jpg


建物の入口付近から入口ドア。
ドアの取っ手は、当然アアルト定番のもの。
これは2段重ねになっていました。



20151122_5.jpg


20151122_6.jpg


アトリエ2階のアトリエのアプローチを上がってみましょう。



20151122_7.jpg


アアルトが使っていたアトリエの内部は天井が高く、
開放的なスペースになっていました。



20151122_8.jpg


アアルトがデザインした家具の特徴は、木を曲げる独特の手法で、
特に脚部は「アアルトレッグ」と呼ばれる、世界で唯一の製法で作られています。

このチェアの脚はネジでしっかり固定され、
ジョイントやサポートといった余計な部品は一切使用されていません。
見た目もスッキリとしたデザインで、独自のクオリティを実現しています。



20151122_9.jpg


ここがアアルトが好んで使用していた場所。



20151122_10.jpg


自然でシームレスな空間、決して大きすぎないスケール感などは、
我々日本人にもなじみやすい空間感覚。

実際、アアルトは日本の空間からかなり影響を受けていたとのことで、
和風の要素が感じられる建物もいくつかあるんだとか。



仕事場内部は、机のスペースも広々と取られ、
作業しやすそうなスペースになっていました。



20151122_11.jpg


20151122_12.jpg


今回のアルヴァ・アアルトのアトリエ訪問は、
後のフィンランド建築の礎となるものばかりで、
とても興味深く見応えがありました。


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr



弊社のお客様がオーナーを務めるトレーラー喫茶店、
「KISSA TERAMO'S」さんが今月いよいよオープンしました。


んんん?トレーラー喫茶店?
疑問に思ったあなた、まぁこの写真をご覧ください。



20151121_1.jpg


20151121_2.jpg


お庭にドドンと構えるこのトレーラー、
その名も「AIRSTREAM caravel 1971」と言います。

アメリカはアリゾナ州からはるばる海を渡ってやってきた、
1971年生まれのこのトレーラーを改造して喫茶店にしてしまったオーナー。
もう素敵過ぎますってば。


しかもこのオーナー、とても温厚で温かい方。
メニュー表記にも温かさがにじみ出ています。



20151121_3.jpg


「本日のまかない」
【いかと里芋の煮物・グラタン】ですよ。



20151121_4.jpg


いかと里芋の煮物!
良いですねぇ、所謂おふくろの味じゃないですか。
もう大好きですよ。



そのトレーラーにも目を向けてみると、
いつか映画の中で見た、あのキャンピングカーのトレーラーのまんまです。



20151121_5.jpg


これはテンション上がりますよ。
内装もかなりアメリカナイズされています。



20151121_6.jpg


20151121_7.jpg


愛知県の名古屋市から来たオーナー。
こちらのメニューも一部名古屋ナイズされていますよ。



20151121_8.jpg


モーニングサービスの小倉トーストや鉄板イタリアンなど、
名古屋特有かつ限定のメニューも再現されています。

今まで名古屋には行ったことがあったものの、
この名古屋特有のモーニングサービスを食べたことありませんでしたが、
美味しいですよ、小倉トースト。



20151121_9.jpg


20151121_10.jpg


もちろん一般的な玉子サンドのサンドウィッチもあります。
パンも手作りだそうですよ。



20151121_11.jpg


料金的にも安めに設定してあるところがお財布にもやさしい。
やはりオーナーは優しい方です(^^)


年内は諸事情により臨時休業をすることがある様ですので、
お出かけの際はお電話にて確認してからお出かけすることをお勧めします。



20151121_12.jpg


KISSA TERAMO'S
住所:伊東市八幡野1253-21 大室高原7丁目227
電話:0557-27-1312


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr



11月に入り、伊東市内ではぐらんぱる公園の「グランイルミ」がスタートしたり、
この伊東ブランド専門店「ぬくもーる」が新しくオープンしたりと、
なんとなくちょっと活気が出ています。


で、今回はこのぬくもーる。
場所はキネマ通りと中央通りが丁度クロスするところ。
雨風が凌げて買い物が出来るという、最高な立地じゃないですか。



20151120_1.jpg


中に入ると、おみやげ物やご当地の特産品がズラリと並んでいます。
改めて商品を見てみると、結構な種類がありますね。
写真ではわかりづらいですが、やっぱしお菓子類が多いかな。



20151120_2.jpg


20151120_3.jpg


20151120_4.jpg


中には試食が出来る商品も並んでました。
食べてみないことには、どんなものかわからないですしね。
重要なことです。



20151120_5.jpg


20151120_6.jpg


この「伊東アンチョビ」って、伊東人ですが知りませなんだ。
今回初めて見ましたが、パッケージの色合いが綺麗です。



20151120_7.jpg


「伊東お菓子ぃ共和国」のお菓子の姿も確認出来ますよ。
毎月6日の「お菓子ぃ日」には加盟店で「ワッハッハ」してますか。
加盟店で「ワッハッハ」と言うと、そのお店のサービスが受けられますよ。



20151120_8.jpg


20151120_9.jpg


20151120_10.jpg


20151120_11.jpg


とまぁ、ここまで見て、まだちょっと発展途上なのかな...?といった感がありますが、
伊東全体でなんとか盛り上げようという心意気は結構好きですよ。


あと個人的にですが、地酒、野菜や果物の取り扱い、
そしてイートインなど出来ると、更に嬉しいですね。
折角の伊東なんですから、お茶の試飲やサービスなど。

変化球でガチャガチャなどのご当地ピンズやら、
ご当地フチ子さんやらがあっても、賑やかでおもしろいかもしれません。


そうそう、最後に。
伊豆急行と旅情報誌の「じゃらん」による特別企画の伊豆急線
「にゃらん号」も走っています。
(電車好きの子どもが見たい見たいとうるさいのです(^^;)

ホントここ最近、密かに伊東市界隈がホットです。



20151120_12.jpg


m.suzuki


伊東ブランドアンテナショップ ぬくもーる
住所:伊東市松川町4-16 鈴藤ビル1階
電話:0557-38-5588


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr



今、伊豆ぐらんぱる公園50周年企画として開催中の「グランイルミ」が熱いです。
11月13日からスタートしていますが、結構評判も上々の様ですよ。


空気が澄んで綺麗な伊豆高原の夜。
約8万平方メートルの空間にLED電球を敷き詰めて作られた、
鮮やかなイルミネーションが彩りを添えます。

グランイルミの会場は12のエリアからなっており、
それぞれコンセプトも違った光の世界を楽しめます。



20151119_1.JPG


20151119_2.JPG



文章で説明するよりも写真を見てもらった方が早いので、
ここらでいくつか写真を挟みますね。



20151119_3.JPG


20151119_4.JPG


20151119_5.JPG


特にこのド派手な「ピンクの中心で愛を叫ぶ」エリアが圧巻。
ピンク色の光の中に、ハートが表れる演出が何ともイイネ!
愛のシンボルともいわれるフラミンゴもお出迎えしてくれますよ。



20151119_6.JPG


20151119_7.JPG


20151119_8.JPG


20151119_9.JPG


エリア中の台の上には、大声で愛を叫ぶと、
相手に想いが伝わるというマイクも設置されているので、
この機会にピンクの中心で、気になるあの娘に愛を叫びましょう。
結果までは責任持てませんが、きっと良い結果になるハズ!
恐らく多分メイビー。



ロマンチックなピンクのエリアを過ぎると、ちょっと不思議な空間が広がっています。
アライグマ・ゾウ・サル・キリンがいっぱい。
なにやら動物たちも光っています。

これは、伊豆ぐらんぱる公園のグループ施設である、
「伊豆シャボテン公園」から抜け出して来た動物たちということで、
「IZU SHABOTEN"ANOTHER"PARK~もう一つの伊豆シャボテン公園~」と題し、
普段は伊豆シャボテン公園にいる動物たちが、
まるで遊びに来たかのようなイルミネーションが繰り広げられています。



20151119_10.JPG


20151119_11.JPG


20151119_12.JPG


20151119_13.JPG


20151119_14.JPG


ちなみにここのゾウやキリンは、伊豆に流れ着いた流木を使って作られてます。



次に色とりどりの光に彩られたトンネル「深海へのトンネル」をくぐると、
目の前に圧巻な光景が広がっています。



20151119_15.JPG


20151119_16.JPG


使用している色の数も12色と実にカラフル。
ずっと見ていられる様な飽きのこない仕掛けも満載で、
動物や魚たちもたくさん登場するので、子どもさんも大満足ですよ。



20151119_17.JPG


20151119_18.JPG


20151119_19.JPG


20151119_20.JPG


実際に見に行く前は、パンフレットなんかを見て、
「いやいや実際はそんなに綺麗じゃないでしょ。パンフレットもCG加工かなんかでしょ」
と、穿った見方をしてましたが、入った瞬間からもう凄い。
疑ってゴメンなさい。
生で見た方が、パンフレットや当ブログより凄いです。


これはかなりオススメです。
伊東市に新たな新名所が出来ました。

期間は来年3月末ごろまで開催しています。


なお、「グランイルミ」のオープンを記念して、
11月13日(金)~12月13日(日)までの1ヶ月間は、
伊豆半島民限定でグランイルミの入園料半額キャンペーンを実施してます。
対象となるのは伊豆半島の7市8町の住民で、
同キャンペーンを利用する場合は住所を証明できるものを持参してください。


伊豆ぐらんぱる公園 グランイルミ
住所:伊東市富戸1090
電話0557-51-1122


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr



今、伊豆ぐらんぱる公園50周年企画として開催中の「グランイルミ」が熱いです。
11月13日からスタートしていますが、結構評判も上々の様ですよ。


空気が澄んで綺麗な伊豆高原の夜。
約8万平方メートルの空間にLED電球を敷き詰めて作られた、
鮮やかなイルミネーションが彩りを添えます。

グランイルミの会場は12のエリアからなっており、
それぞれコンセプトも違った光の世界を楽しめます。



20151119_1.JPG


20151119_2.JPG



文章で説明するよりも写真を見てもらった方が早いので、
ここらでいくつか写真を挟みますね。



20151119_3.JPG


20151119_4.JPG


20151119_5.JPG


特にこのド派手な「ピンクの中心で愛を叫ぶ」エリアが圧巻。
ピンク色の光の中に、ハートが表れる演出が何ともイイネ!
愛のシンボルともいわれるフラミンゴもお出迎えしてくれますよ。



20151119_6.JPG


20151119_7.JPG


20151119_8.JPG


20151119_9.JPG


エリア中の台の上には、大声で愛を叫ぶと、
相手に想いが伝わるというマイクも設置されているので、
この機会にピンクの中心で、気になるあの娘に愛を叫びましょう。
結果までは責任持てませんが、きっと良い結果になるハズ!
恐らく多分メイビー。



ロマンチックなピンクのエリアを過ぎると、ちょっと不思議な空間が広がっています。
アライグマ・ゾウ・サル・キリンがいっぱい。
なにやら動物たちも光っています。

これは、伊豆ぐらんぱる公園のグループ施設である、
「伊豆シャボテン公園」から抜け出して来た動物たちということで、
「IZU SHABOTEN"ANOTHER"PARK~もう一つの伊豆シャボテン公園~」と題し、
普段は伊豆シャボテン公園にいる動物たちが、
まるで遊びに来たかのようなイルミネーションが繰り広げられています。



20151119_10.JPG


20151119_11.JPG


20151119_12.JPG


20151119_13.JPG


20151119_14.JPG


ちなみにここのゾウやキリンは、伊豆に流れ着いた流木を使って作られてます。



次に色とりどりの光に彩られたトンネル「深海へのトンネル」をくぐると、
目の前に圧巻な光景が広がっています。



20151119_15.JPG


20151119_16.JPG


使用している色の数も12色と実にカラフル。
ずっと見ていられる様な飽きのこない仕掛けも満載で、
動物や魚たちもたくさん登場するので、子どもさんも大満足ですよ。



20151119_17.JPG


20151119_18.JPG


20151119_19.JPG


20151119_20.JPG


実際に見に行く前は、パンフレットなんかを見て、
「いやいや実際はそんなに綺麗じゃないでしょ。パンフレットもCG加工かなんかでしょ」
と、穿った見方をしてましたが、入った瞬間からもう凄い。
疑ってゴメンなさい。
生で見た方が、パンフレットや当ブログより凄いです。


これはかなりオススメです。
伊東市に新たな新名所が出来ました。

期間は来年3月末ごろまで開催しています。


なお、「グランイルミ」のオープンを記念して、
11月13日(金)~12月13日(日)までの1ヶ月間は、
伊豆半島民限定でグランイルミの入園料半額キャンペーンを実施してます。
対象となるのは伊豆半島の7市8町の住民で、
同キャンペーンを利用する場合は住所を証明できるものを持参してください。


伊豆ぐらんぱる公園 グランイルミ
住所:伊東市富戸1090
電話0557-51-1122


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

Green Blog