東京は池袋。
都会の高層ビル群の外れに、ひっそりと建つ歴史的建築物、
自由学園明日館を覗いてきました。



20150113_1.jpg


普段であれば館内の見学も出来るのですが、
今回はお正月の時間を使い見に行ってきました。

中を見る事ができなかったのが本当に残念ですが、
どうしても見たかったので、今回は外観見学のみですが、
この拘りの意匠の数々、ご覧下さい!



20150113_2.jpg


自由学園明日館(みょうにちかん)は、1921年(大正10)、
羽仁吉一、もと子夫妻が創立した自由学園の校舎として、
アメリカの巨匠フランク・ロイド・ライトの設計により建設されたものです。



20150113_3.jpg


ライトを推薦したのは日本の巨匠、遠藤新。

帝国ホテル設計のため来日していたライトの助手を勤めていた遠藤新が、
友人の羽生夫妻をライトに引きあわせ、教育理念に共鳴したライトは、
「簡素な外形のなかにすぐれた思いを充たしめたい」
という思想を共有し設計に取り組んだそうです。



20150113_4.jpg


20150113_5.jpg


20150113_6.jpg


現在は国の重要文化財となっているのですが、
建物は使うことが使命と考え、使いながらの保存という理念のもと、
コンサート等の様々な用途に貸出も行っている様です。



20150113_7.jpg


20150113_8.jpg


20150113_9.jpg


道路向かいにはライトの思想を受け継いだ遠藤新設計の講堂もあります。
次は是非中を見に行きたいものです。



20150113_10.jpg


By水越


自由学園 明日館
〒171-0021
東京都豊島区西池袋2-31-3
見学料: 個人団体(20名以上)
喫茶付見学
¥600
¥500
見学のみ
¥400
¥300


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr

 

 

この時期になるとなんやら無性に食べたくなる自然薯!

やはり冬の季節が旬で美味しいんだよね。

とろろを食べるならスカイライン沿いに在る「峠の茶屋」ですね私は。

 

子供の頃からよく連れてきてもらっていた懐かしの味は、

地元で採れた食材を無添加で仕上げ食品として使用し料理された、

田舎のおばあちゃんが作ってくれたまさにスローフードってかんじでしょうか。

土の香りと濃厚な味のする自然薯の「とろろ」、自家製味噌の干し椎茸の味噌汁に、

季節の野菜の煮物、山葵の茎の漬物、古漬けの酸っぱいタクアン、

なんかね~、ほっとするんですよねこの手の食事。

 

tougenotilya (5).jpg

外観写真は以前の行った時のものでみょ~に日差しが強くて御免なさい。

tougenotilya (22).jpg

 

 

 

この日は欲張って蕎麦&めしのセットメニューと自家製こんにゃくの味噌おでんを注文。

麦飯はお櫃に入って十分な量が出てきますが足りない方はおかわり自由ですから、

サラサラ~っと心配しないでたくさん食べてください。

 

でもお腹の膨れるとろろですから、その後のことは自己責任でお願いします!

 

tougenotilya (17).jpg

 

 

tougenotilya (13).jpg

 

 

tougenotilya (14).jpg

 

みかんを除けばおおまか茶系の田舎色なのが安心感を増しますよね。

これぞマクロビオテックですよ!

 

 

tougenotilya (15).jpg

 

 

この味噌おでんはコンニャクの歯応えが癖になります!

 

tougenotilya (10).jpg

 

 

 

お土産で売っている自然薯の値段を見てビックリ!!!

 

tougenotilya (9).jpg

 

でもね~子供の頃よく山に堀に行ったのですが、

折らずに最後まで一本掘り上げるには相当の時間が掛りますからね、しょうがないか。

 

 

お店の中はこんな感じ。

tougenotilya (27).jpg

 

 

tougenotilya (25).jpg

 

 

無造作にハンガーで干している切干大根、田舎の家って感じお店らしくなくっていいですよね。

tougenotilya (16).jpg

 

季節ですから、たまには伊豆に来ても魚じゃなくて山の物を食べてみるのは如何ですか!

 

by yamazaki

 

ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr

 

 

 

 



話は前後しますが、時系列としては先日ご紹介した、
来宮神社へ行く前のお話になります。

というのも、来宮神社の駐車場がいっぱいで、車を停めることが出来なかったため、
市営駐車場へ停めようと、JR来宮駅前まで戻ったところ、
その目の前に建つ、この久遠さんが目に入り、
たまたまこの日の営業時間が13時半までとなっていたので、
それならば神社に行く前に入ってしまえ!というのが、今回の経緯の大まかな流れ。

つまり、JR来宮駅から、約50mほどしか離れてません。



20150111_1.jpg


20150111_2.jpg


正直私なぞ、こんな素敵なお店が出来ていることすら知りませなんだ(^^;
詳しくは解りませんが、もう2年くらいここで営業しているんだとか。


基本はパン屋さんですが、中では食事をすることも出来たり、
ちょっとした雑貨関係も置いてあり、入ってみるとなかなか楽しいです。



20150111_3.jpg


20150111_4.jpg


しかし、メインのパンが概ね売り切れてしまっており、
写真の様にスカスカ(^^;



20150111_5.jpg


20150111_6.jpg


というのも、前述した通り、この日の営業時間が13時半までということもありますが、
なによりお客さんの出入りが激しく、目の前から飛ぶ様に売れていきます。
駅前という好立地ですからね、観光客の方も多くいた様に感じます。
結構流行っているご様子。


自分たちが食べる分を確保し、折角なので、こちらで食べていくことにします。
カフェも併設しているので、そんなことも可能です。

おススメの飲み物を尋ねると、迷わずコーヒーだということなので、
エスプレッソなぞ頼みつつ、パンを齧るのがお洒落だと思います\(^o^)/



20150111_7.jpg


奥に入ると、こんなお洒落な食事スペースがあり、かなり好感度アップ。



20150111_8.jpg


今回買ってみたのはこちら。
サンドウィッチやバーガー系の惣菜パンに加え、
私の希望で「熱海だいだい」と書かれたパンをチョイス。



20150111_9.jpg


その熱海だいだいパン、見た目は普通のあんぱんですが、
割ってみると中からだいだいを使ったあんが出てきます。



20150111_10.jpg


20150111_11.jpg


もうね、これが飛び上るほど美味しい。
基本的にあんぱん系は好きですが、こしあんや白あんは苦手な部類。
しかし、このだいだいあんは別格。

だいだいのほんのりとした甘みや酸味が感じられ、
しつこくも無いので、いくらでも食べられそうなお味。
個人的に大変気に入りました。


サンドウィッチの中にはポテトサラダやごぼうサラダが挟まっています。
こちらも無難に美味しかったですよ。



20150111_12.jpg


普段は夕方くらいまで営業しているそうですが、
この日は早めに店じまいするということで、
その他のパンが無かったのが残念。
次は、も少し手広く買ってみたいと思います。

そしてこの後、来宮神社へ向かうのであった。


m.suzuki


来宮 久遠(KINOMIYA KUWON)
住所:熱海市福道町3-16
電話:0557-82-0588


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr



今回は日本で3番、4番目にできたドッグランのご紹介です。



20150110_1.jpg


20150110_2.jpg


オーナーが友人の知人という事もあって、生まれて初めて行ってきました。
「ドッグランはこういった土手でないと、犬たちの本当の遊び心を満足させれない」
(オーナー談)

しかし、一緒に遊ぶ人間は体力がものすごく必要になります。

普段は海へ連れて行き遊ばせているので、基本は平坦で自分は全く疲れませんが、
見て下さい!この傾斜!この高低差!



20150110_3.jpg


20150110_4.jpg


20150110_5.jpg


受付をしようか一瞬悩んでしまいましたが、犬は既に興奮状態。
ここは行くしかありません。



20150110_6.jpg


入るとすぐにハリーはどこかに行ってしまいました。
よっぽど嬉しいようです。



20150110_7.jpg


取り残された自分たちは、とりあえずてっぺんまで上がってみようという事になり、
てっぺんを目指しますが、なかなか到達できません。



20150110_8.jpg


20150110_9.jpg


息が上がった自分たちには全く興味を見せず、
うちのハリーは勢い良くあっちに行ったり崖をよじ登ったりと、
忙しく走り回っております。



20150110_10.jpg


20150110_11.jpg


20150110_12.jpg


やっとの思いでてっぺんまでたどり着くと、
そこには雄大な景色が広がっていました。



20150110_13.jpg


20150110_14.jpg


ハリーの喜び方を見ると、確かにこういった土手の方が、
犬たちにとっては良いのかもしれませんね。

人間も、ちょっとした山登りの後にご褒美のような景色が見られて、
少し幸せな気分にしてくれます。


初めてこういったドッグランに行ったので、
料金的に安いのか高いのか分かりませんが、結構お勧めです。
でも覚悟して行ってみて下さいね。



20150110_15.jpg


大内


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr

 

 

ことの始まりはこの一枚の写真から。

 

お正月休暇中のとある日、世田谷の某マンション26階からこの日は良~く富士山が見え、

富士山フリークな私ですから、すかさずiphoneでパシャパシャと撮りまくり

後で撮った写真をチェックしていると

なんと伊豆高原のシンボル・大室山が見えているではないですか?

その位置は左端のビルの横!!!

こんなもんで分かるかいと家族にバカにされるも間違なく大室山ですよ、これは!

 

ネットでいろいろと調べるも確証を得る書き込みは残念ながら見つかりません。

 

IMG_6357.jpg

 

夕暮れ時に同じアングルでもう一枚。

こちらの方がシルエットがはっきりしていて分かりやすかも?

 

IMG_6368.jpg

 

 

ならば逆から眺めてみてはと伊豆に戻り大室山に登頂してみることに、といってもリフトですよ勿論。

 

 

家族を連れ立ち山頂に到着したのはよいが、なんだこりゃ~というくらいの強風が吹き荒れていて寒いのなんの、フォローの風向きでは手を体の横につけて抵抗を増やせば飛ばされるように勝手に駈足になっちゃうくらいの強風。(スキーのジャンパーの逆姿勢ですよ)

 

よくアナウンサーが大した雨風でもないのにオバーに台風の中継なんかしてますが、それだったらただの強風中継ですってこの画を流したほうがきっと面白ね。

 

 

余談はさておき本題の大室山から東京が見えるのかってことですが、望遠レンズ着装の一眼レフで撮ってみるもこれまた確証できない。

 

IMG_2807.jpg

 

 

これは大室山から望む伊豆高原と大島!

それにしても雲が近い!

IMG_6303.jpg

 

 

山頂に滞在すること約10分それが限界でした、ほんとうに冬の山をなめたらあかん。

風速1メートルで体感気温が1℃下がると聞いたことがあるけど、

おそらくこの日は30メートル以上吹いていたから体感気温はマイナス20℃くらいだったのかな、

帰りのリフトでは鼻水も飛んでっているのが分らないくらい、

自然の驚異に完全にやっつけられました。

 でもね、御神山ですからしっかりと初詣も済ませてきましたよ。

(本来は子宝・安産にご利益があるとのことW)

 

で本題の東京から大室山が見えるのかってことですが。

家に帰りもう一度いろいろと調べると、

有りましたよ確証となる写真がそれは大室山のリフトを運営る会社のブログにて、

大室山からスカイツリーが見えると出ており、この目で間違いなく写真を確認し、

これで納得・納得ですね。あ~スッキリしたWWW!

 

 

 

大室山は伊豆高原のシンボルであり、毎日のように見ていても飽きないんですね。

過去に撮った大室山の写真ですが様々な表情で癒してくれます。 

 

 

大室山アート (2).jpg

 

大室山アート (4).jpg

 

大室山アート (1).jpg 

  皆さん冬の伊豆高原に来たら大室山からの眺望を楽しんでみては如何ですか?

もちろん天候にご注意ですが!

by yamazaki

ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

アーカイブ

Green Blog