提督!

英国人のホレーショ・ネルソン。
米国人のジョン・ポール・ジョーンズ。
そして日本人の東郷平八郎。

俗にいう「世界3大提督」と呼ばれている方々。
特にアドミラル・トーゴー(Admiral Togo)こと、東郷平八郎元帥。
明治時代に日清戦争・日露戦争で大勝利を収め、
日本という小さな島国を列強・大国までにした英雄。

当時、ロシア帝国に苦しめられていた国々を救ったワケですから、
世界的にも認められた偉人です。

そんな国際的で歴史的偉人の貴重な別荘が伊東市に現存しています。
しかも私の実家の近所で、徒歩2分ほどという近さ!
それが伊東東郷記念館です。

※現在この別荘は、石橋財団から東郷神社に寄贈され、管理されています。

毎月15日は入館料が無料になるということで、
折角なので急接近中の台風18号が来る前に見学に行ってきました。



20130915_1.jpg


20130915_2.jpg


東郷さんは晩年、奥様の病気療養のため、この別荘で過ごしたとのこと。
一歩別荘の中に入ると、もう外とは全く雰囲気が違います。
当時生活していたままの状態で保存がされていますので、
今では到底味わえない世界が、確かにそこに存在しています。

後に「五・一五事件」で暗殺される犬養毅総理大臣から寄贈された、
かなり珍しくて貴重な碁盤が置いてあったり、



20130915_3.jpg


20130915_4.jpg


20130915_5.jpg


趣味の釣りを楽しむために、沖まで船を出した際に使用した(らしい)、
櫂(今でいうオールですね)が展示してあったり、



20130915_6.jpg


直筆の扁額が飾ってあったり(かなりの達筆!)と、



20130915_7.jpg


偉人の馴染みの物に触れることが出来、
そこにロマンを馳せて軽くトリップ出来ます。

今回この別荘を案内してくれた(ボランティアの?)宮川さんも、
「この碁盤で犬養首相と東郷元帥が碁を打ったと思った方がロマンがあるじゃない」
と、目をキラキラさせて語ってくれました(^o^)

後は、東郷元帥の肖像画や、



20130915_8.jpg


歴史の教科書にも載っている「三笠」艦橋の図のパネルが飾ってあったり、



20130915_9.jpg


昭和天皇との2ショット写真も展示してあります。



20130915_10.jpg


※正確には、これは大正天皇が亡くなる1ヶ月前の写真なので、
このときはまだ天皇では無く皇太子。

それと、2011年3月11日の東日本大震災による津波で亡くなられた、
宮内晴美さんが所有していた、貴重な艦船洋上模型も一部も飾られています。



20130915_11.jpg


※この方のことは存じ上げなかったのですが、参考までにこんなサイトがありました。
http://www.miya-ships.info/harumi009.html

今はもう無いのですが、当時はこの庭に桜の木がたくさん植わってたそうです。
無くても、広くてかなり立派なお庭ですね。



20130915_12.jpg


今回、教科書が教えてくれない、また別の歴史を学べた様に思えます。
東郷さんが薩英戦争やら戊辰戦争にも従軍してたなんて、知りませなんだ(@_@)
もしかしたら函館で土方歳三と対峙してたのかもしれませんね!

最後に、今回案内してくれた宮川さん、親切な説明をありがとうございました!
大変貴重な時間になりました。

宮川さん曰く、
「東郷平八郎と東條英機を混同している方が結構いるんだよね」と、
少し悲しげな眼差しで嘆いていました(^^;
確かに似ている様で、全く違います。
わからない方は、ググる先生に聞いてみてください。

m.suzuki



伊東東郷記念館
住所:伊東市渚町3-8
電話:0557-37-3550(伊東観光番内)



ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr




夏の終わりが近づくにつれ、台風とともに栗シーズンがやってきました。



kuri-1.jpg


kuri-2.jpg


kuri-3.jpg


kuri-4.jpg


甘露煮・渋皮煮・栗ごはんなど、栗を使った秋の味覚はたくさんありますが、
一番簡単なのはやはり「ゆで栗」ではないでしょうか。
お塩少々と一緒にゆでるだけ。シンプルイズベストです。
・・・が、今回はそこに1つだけ、はちみつを追加します。


ゆでた栗に

kuri-5.jpg


はちみつを!

kuri-6.jpg


kuri-7.jpg


そのままのゆで栗ももちろんおいしいのですが、
はちみつを足すことによって食べだすと止まらなくなる作用があります。
カニを食べる時のそれに近いです。


さらにバターを乗せることでパンチ力が跳ね上がります。



kuri-8.jpg


とてもおすすめなのですが、
カロリーも跳ね上がりますのでお気を付け下さい。









自分の家を持つというのは、
いつの時代でも夢でありロマンですね。(渡辺篤史風に)

「展示場モデルハウスを格安でお譲りします。抽選1名様」

この手の広告を見るたびに、私は毎回応募してますが、
一向に当選する気配がありません(^^;
当選する日は来るのでしょうか?

さてさて、その夢のマイホームを建てた当社社員のMさん。
完成見学会が行なわれていたので、今回はそのお宅を見学させてもらいました。



20130914_1.jpg


私の前にも数組お客様が見学をしていて、かなり好評なご様子。
「お邪魔しま~す」と玄関を上がり、



20130914_2.jpg


まずはダイニングキッチンを見させてもらいました。



20130914_3.jpg


広々としたキッチンは、とにかく使い勝手が良さそうで、
奥様の美味しい手料理も、これなら更に美味しく作れそうです。
いや~幸せ者ですねぇ、Mさん。



20130914_4.jpg


天窓からは陽の温かみのある光も入り込みます。
これはかなり雰囲気あり、ポイント高いです。




20130914_5.jpg


次は和室。
奥には収納も付いているので、利便性は良さそうです。
冬場はここにコタツを置き、鍋をつつくのでしょうか。



20130914_6.jpg


脱衣室とお風呂も趣きがあります。



20130914_7.jpg

20130914_8.jpg



吹き抜けの階段を2階に上がります。
大きな窓がはまっているので、かなり明るいです。



20130914_9.jpg


洋室は広くて収納がたくさんあり、
子ども部屋に向いてるのかもしれません。



20130914_10.jpg


写真ではわかりづらいですが、ウォークインクローゼットも完備。
模様替えも楽々ですねぇ。



20130914_11.jpg


お庭には、かわいらしいブランコもぶら下がってました。



20130914_12.jpg


やはり木のお家というのは独特の温もりがあり、魅力的に感じました。
見学のお客様が多かったというのも、そこが魅力の一因なのかもしれません。

場所もすいらん荘別荘地内なので、環境的にもかなり静かですし、
ご家族で幸せな暮らしが出来る、これは正に「SWEET HOME」ですね。
Mさん、今回はどうもありがとうございました。

次回は、巨大なしゃもじを持って突撃したいと思います(^^;;;

ちなみにこの完成見学会は、明日9/15日まで行われています。
是非足を運んでみてください。

m.suzuki









 箱根に日帰りプチ旅行に行ってきました。
伊東から箱根まで、伊豆スカイラインで行くと、
1時間半~2時間で着きます。
その途中にあるのが十国峠です。
旅行気分を味わうなら 道の駅!という事で十国峠レストハウスへ立ち寄りました。



十国峠2.jpg


十国峠1.jpg


山頂の景色がいいと聞き、さっそくケーブルカーに乗車。



ケーブルカー.jpg


3分で到着!早っ!
せっかくの景色ですが、あいにくのお天気で・・・。



十国景色.jpg


天気がいいと大島や初島の伊豆七島が見渡せ、
さらに看板の後方には富士山が見えるそうです。
箱根方面に向かう時に立ち寄ってみてはいかがでしょう。
晴れた日にね。


by 児島







久しぶりにお邪魔した「峠の茶屋」。

初めて来た子供の頃から変わらない。

佇まいも・食べ物も・この風景も!  タイムスリップしような錯覚に陥ります。

 

sdsdIMG_2352.jpg

              今は使われていない建屋が入口にあります。

sdsdIMG_2358.jpg

            現在も使われている水車小屋の脇を通り奥へと進む。

sdsdIMG_2356.jpg

             もんぺに麦わら帽のお婆ちゃんにお声をかけてご挨拶。

sdsdIMG_2415.jpg

                    母屋が見えてきましたよ

sdsdIMG_2378.jpg

               土間を上がって奥の客席に続きます。

sdasdIMG_2394.jpg

          客席から眺める田んぼでは稲刈りの真っ最中。

最近では地産地消とかスローフードとかいいますが、昔から変わらぬこの味はけっして豪華なものでなく素朴なものばかり、でも時より食べたくもなる本物の田舎味です。

お店の売りは「とろろめし」に「とろろそば」、山芋はもちろん自然薯はほんのり土の香りがし粘りも違います。

私は「とろろめし派」。

麦飯にとろろをかけて、ちょっとすっぱい古漬け「たくあん」をパリッとかじりサラサラッととろろご飯をかけこむ、そして大好きな「わさびの茎の三杯酢」をまたもや食べてとろろご飯をかけこむ。

いやぁ~うめぇ~!

みそ汁も自家製の味噌に具は椎茸、これがまた うめぇ~!

sdsdIMG_2399.jpg

 

sdsdIMG_2402.jpg

 

欲ばりな私は「めし」も「そば」もいただきました。

 

 

sdsdIMG_2409.jpg

                     帰りにここで ちょっといっぷく

 

sdsdIMG_2350.jpg

               お地蔵さんにさよなら言って帰ってきました。

 

by yamazaki

 

 


ブログランキング


伊豆高原 不動産



峠の茶屋ここだよ。



大きな地図で見る

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

アーカイブ

Green Blog