伊豆高原にあるローズテラスへ行ってきました。
店内はバラのグッズや色々な種類の雑貨があり、中にはバラのアイスなどの変わり種まで売っています。


01ローズテラス.jpg02店内.jpgバラのアイス.jpg



私は色々な種類の中でもこのバラの芳香剤がお気に入りです。
この芳香剤には三種類の香りがあり、私は紫を愛用しています。
普通の芳香剤より香りがきつくなく、さらにとっても長持ちします。


バラの芳香剤1.jpgバラの芳香剤2.jpg




新入荷商品でオレンジジャムがあったので1つお試しで購入してみました。
1瓶に約2個分のオレンジがスライス状で入っている贅沢な一品です。

オレンジジャム.jpg



期間限定商品で1月~5月まで、1か月に400~500個の販売のようです。
大変な人気で、贈り物でもらった方がリピーターで購入するほどみたいですよ。
毎月予約を受け付けますがすぐに売り切れてしまうので購入の際はお早めにとのことでした。



家に帰ってさっそく買ってきたジャムをヨーグルトにのせていただきましたが、甘さ控えめのジャムなのでスィーツとしてそのまま食べてもOKです。
伊豆ならではの、このジャムお勧めです。

オレンジジャムヨーグルト.jpg


by児島

 

 

毎年12月末から2月末にかけて夜10時から12時まで、地域の消防団による夜警が行なわれています。
伊東市内には、地域ごと17個の分団があり消防車両や徒歩で各地域を巡回し住民に火災予防の広報を行ないます。

私が所属している地域はとても小さな町なので、消防車両での広報と拍子木を叩ながら徒歩での巡回両方を行なっていますが、普段なかなか歩く機会がないので良い運動になっています(笑)。
皆様も冬場、空気が乾燥していますので、お休み前の火の元には、充分気を付けて下さい。

by増田

ブログ.jpg

 

ブログ2.jpg




伊豆半島の主要道路、国道135号線を南下し、熱川の街を過ぎると目の前に太平洋一望のスペシャルビューが見え、その素晴らしい景色が楽しめる国造沿いに、磯料理屋・磯部があります。

磯部 (2).jpg



いかにも観光客御一行様いらっしゃい!といった雰囲気があり、なかなか入りにくかったですが、思い切って突入!

「昭和」をイメージさせる店内は、大勢のお客様で賑わっておりお店の人気ぶりを感じました。
座敷からは海を一望、イメージ通りの景色に圧巻です。

磯部 (5).jpg




食事は・・迷った結果、注文したのは魚定食。
いたってシンプルなメニューですが、実はそのお魚が「金目鯛」、しかも塩焼きです!!

磯部 (3).jpg磯部 (4).jpg



金目鯛と言えば煮付けのイメージしかなかったですが、塩焼きは頬が落ちる程の美味しさでした。
調理は串に刺して炭火で焼いているようです。そのせいか脂ののった身はとってもジューシーで、まるでお肉のようでした。

小鉢のひじきも東京では食べられないような食べごたえのある一品です。
他のメニューのあじ丼もとても新鮮でおいしかったです。


磯部(6).jpg


なかなか口にする事の出来ない逸品ぞろいですので、是非チャレンジを。
お店は少しレトロですが、お腹はとても満たされました。




大衆磯料理 磯部
 
ジャンル 海鮮丼、魚介料理・海鮮料理、天丼・天重
 
TEL・予約 0557-23-1160
静岡県賀茂郡東伊豆町白田1733-82 

10:00~20:00 ランチ営業、日曜営業

by 水越



今が旬の「はんばのり」を収穫してきてもらいました。
このような感じで磯の波打ち際の岩につく冬から春にかけて採れる海藻です。



はんば①.jpgはんば②.jpg



作り方は至って簡単でこんな風に採ってきたはんばを
天日で2日乾燥させて
はい、出来上がり、これだけです。

はんば③.jpgはんば④.jpg




この「はんばのり」スーパーで購入すると
1枚、数千円以上のものもある高級食材です。
食べ方はフライパンであぶって、新聞紙の上で
丹念に、丹念に、細かくほぐして

はんば⑤.jpg
はんば⑥.jpg



おかかとしゃけと一緒にご飯にのせて、
ついでに採ってきた、磯ものでお吸い物を作って

はんば⑦.jpgはんば⑧.jpgはんば⑨.jpg



今夜のスペシャルディナーです。
伊豆ならではの磯の香りがいっぱいです。いかがですか。
シンプル 伊豆 ベスト。

by鷲塚

 

毎年3月から隔月で変わる Maple Express に描かれている「Kaoru YAMADA」さんのイラスト、今シーズンもラストの作品とになりました

Maple Expressという我が社の月刊情報誌のイラストを描いていただいております、「山田カオル」さんのイラストは伊豆高原のリゾートにピタッときます。

四季折々のオシャレで都会的なイラストをシーズンで6枚描いてもらいますが、どの作品も一枚のイラストにメープルハウジングが提案する伊豆高原でのライフスタイルが描かれています。

 

 

yamada_express1-2.jpg

 

 山田カオルさんは玉川高島屋や三越伊勢丹の情報誌なども手掛けている方なので、アレッこのイラストの感じどこかで見かけたなんて方もいらしゃっるかもしれませんね。

Kaoru YAMADAさんのオフィシャルHPでは無料でダウンロードできる壁紙用のカレンダーなどもありますので覘いてみては如何ですか!

Kaoru YAMADAさんの ホームページはこちらから

 

by yamazaki

 

 

 

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

Green Blog