都内に勤めていた頃、女性同士でも気軽に入れるトラットリアを探しては寄って帰宅するのが楽しみでした。
伊豆高原に戻り暮らし始めてからは、休みの日に近くのお店でランチをするのがしあわせです。


20120323_blog_yamaguchi_001.jpg

ここは、桜並木通りにあるお店です。
石窯で焼いた香ばしく大きな本格ピッツァがおいしく、1000円のランチセットでいただけました。
この日はシェアするつもりでパスタのセットと、ピッツァのセットの両方を注文しました。
お店で一番人気のマルゲリータ。ルッコラとたまごとサラミの乗ったピッツァ。
そして魚介のパスタです。


20120323_blog_yamaguchi_002.jpg


前菜はサラダか温野菜を選べます。
どれもおいしく、焼き立てで温かいうちに全部食べてしまいました。

20120323_blog_yamaguchi_003.jpg



内装も黄色を基調にかわいく、
お庭には童話に出てきそうな小屋が♪



20120323_blog_yamaguchi_004.jpg


お花見にお出かけの際、お昼のお食事を考え中の方は行ってみてくださいね。


                                           by山口





 

人にはいろいろな拘りってあると思いますが、私46才、かなりの「照明」と「タイル」のフェチです。

どちらも建物を造る際の 「塩梅」 のようなもので、建物を最終的にまとめるアクセントで重要な要素だと思います。

そこで今日はタイル編をお届けします。

最近は安価な輸入タイルメーカーもたくさん有りますが、私は品質と安定していて安心に使える国産メーカーの「名古屋モザイク」や「平田タイル」をよく好んで使います。

 

IMG_4586.jpg

tairu (1).jpg

tairu (3).jpg

tairu (6).jpg

タイルの使い方は必然で使う場合とアクセントに使う場合がありますが、どちらにしても少ない面積でもかなりの存在感があり、その空間の雰囲気をガラッと変えてしまいます。

かといって無難なものを選んでしまうのつまらないし、いつもこの辺が悩むところでもあり、出来上がりを予想し楽しいところでもあります。

意外と小予算で楽しめて、存在感のあるタイル使い、皆さまも試してみては如何ですか!


                                                by山崎

 

 

この時期の話題といえば「桜」が中心ですが、私46才、脇役になりがちな「雪柳」が大好きです。

会社の庭先や駐車場に植えてありますが、このユキヤナギは開花時期がほぼ桜と重なり、そして桜と同様に開花している期間も短く、どうしても主役の桜に話題をさらわれてしまいます。

毎年ユキヤナギが若干先行して満開を向えて桜が追随し満開を向えるパターン。

ユキヤナギが主役を張れるのは桜が開花するまでの約10日間ぐらいでしょうか?

2012年・春・我が社のユキヤナギが開花し始めました!

皆さん今年は桜を楽しむ時には名脇役である華麗なユキヤナギにも注目を!!

 

 

IMG_0259.jpg

IMG_0260.jpg

                                                       by山崎

 

 

「空」

空と一言でいっても、色がいろいろと分類され紫色といっても藤紫・藤納戸・藤色とかあるように、実は空にもたくさんの名前が付いています。
こうして何気なく見ている空でも昔誰かが付けた名前があり、高校生の頃は「空の名前」などの専門書籍(?)を読んで少しその分野の幅を広げてはいたのですが、悲しかな今ではもう全く覚えていません!

最近になり昔読んだこの本のことを急に思いだし、又、空を見上げることが多くなりました。
私はどちらかといえば夕方から夜にかけての空が好きです。

こちらは先日東京へ行った帰りの東名高速道路の港北IC付近です。

20120319_takeuchi_01.jpg

 

次に会社の第二駐車場から3時のおやつを買ってきた帰りに。


20120319_takeuchi_02.jpg

 

そして、こちらも同じく会社の駐車場からです。

 

20120319_takeuchi_03.jpg

 

最近の携帯電話(スマートフォン)でもカメラ並みの解像度があり綺麗に写せますね。
またこれから桜の季節が到来するので、もっともっと素敵な写真が撮れるのではないかと期待しております。
オススメは伊豆高原の「ホテル伊豆高原」から「野坂オートマタ美術館」への下り坂で、午後5時15分頃ですね。
桜の薄紅色と暮れかけた空の薄紫色とライトアップされたお店のオレンジ色が混ざりあって、とてもいい感じです!

 


「空の名前」高橋 健司 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E7%A9%BA%E3%81%AE%E5%90%8D%E5%89%8D-%E9%AB%98%E6%A9%8B-%E5%81%A5%E5%8F%B8/dp/4048836005

 

                                                                                                                        竹内

 

先日の休日は結婚記念日ということあり妻と久しぶりに二人きりでラブラブに過ごしてきました。
「たまにはゆっくりと時間を楽しもう!」という二人の意見が一致し、あまり遠出はせず近くでマッタリとロマンチックに過ごせるところと思案し、
一碧湖の近くに在る「池田20世紀美術館」に決め出かけてみました

 

IMG_0342.jpg

IMG_0351.jpg

こちらの美術館、当然建物自体もアートにデザインされた作品、彫刻家「井上武吉氏」の設計で、展示館外壁は日本で初めて採用したステンレス・スチール張りとか。
天井からは自然採光をとり入れ、入口から出口まで有機的に連なるユニークな空間造形となっています。

展示作品はルノアールなどの印象派からアンディウォーホルなどの現代美術の画家まで幅広く展示されていますが、「ピカソ・シャガール・ミロ」などのエコール・ド・パリ派の画家の作品が多いようです。

 

IMG_0343.jpg

IMG_0345.jpg

IMG_0339.jpg

そして、もちろん伊豆高原を代表する重岡先生の彫刻も展示されています。(我が社にも木彫の作品があります。)
美術には無知な自分でもしっている画家たちの作品が展示してあり、改めてこんな近くでこんな作品を楽しむことが出来ることに感動しました。

ちなみに、美術に関するウンチクは社長からの一夜漬け、ときより間違うも妻をガイドしながら、ゆっくりと「池田20世紀美術館」を楽しみました。


ぜひ、ご伊豆へ来られた際には立ち寄ってみて下さい。


                                             by大内

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

Green Blog