今日のランチは「稲荷寿司」! なんか漢字で書くとかたい感じですね。 「おいなりさん」 こっちの方がよいかも? 

どうしても「おいなりさん」が食べたくて買ってきました伊豆高原は「吉正」の稲荷寿司。

それも6個入りと、おかずに唐揚げ6個入り!

こんなに食べれるかと思いながらも気がつけば 完食 です。

 

 

DSC00239.jpg inarizusi  (3).jpg inarizusi  (4).jpg

 

こりらのお店はお豆腐屋さんが営んでるそうで、可愛いログハウスが目印です。

肉厚・揚げたてのお揚げをお店で煮上げて作る「おいなりさん」は上品な味であまり甘くなく、ご飯の硬さ・酢飯のかげんが私好み!

裏返しで包んでいるほうは、ご飯にゴマがまぶしてあり、私的にはこちらがお勧めです。

アウトドアのランチに「おいなりさん」と「濃~いお茶」 かなり大人の感じで来年の春は攻めてみたいと思っています。

 

唐揚げのこと忘れていましたが、ふだん唐揚げはあまり食べないのですがこちらの唐揚げは黒コショウが少しきいていて、かなり カリカリ に揚ったかなりの逸品でした。

                                                   by山崎



 

 

見なければいいのに、やっぱり見てしまいました。 南極物語の最終回!

物語の結末は解っていても、犬たちを見ているだけで 号泣 です。

昨日は、ほぼ終始涙が止まりません。

「タローとジロー」の 鳴き声・しぐさ・走り方・表情 すべてが我が家の南極犬にそっくりで、どうしてもドラマの犬たちに投影され、我愛犬「ゴン」を見ているようでたまりません。

でも、ほんとうに良く躾けられた犬たちで、どうやって撮影したのか不思議になります。

犬を飼っている方はお分かりかと思いますが、表情とか細かなしぐさをよく捉えていて思わずグッときてしまいます。

とりあえずドラマは終わりましたが、年が明ければ12才の「ゴン」です。我が家の南極物語は後どのくらい続けられるかと寂しくなる、私46才でした。

 

IMG_3601.jpg

gonnta24.jpg

gonnta24 (2).jpg

                                                                                                                               by 山崎

 

 

「いとうの朝市ってどうなの?」とお客様に聞かれ答えられず、一度は見てこなければということで、眠い目を擦りながら行って来ました!

朝市との名から早朝のイメージが強く、なかなか足が向かなかったんですが、どうせ行くなら1番にと一念奮起し気合を入れてオープン前に行ったまではよかったのですが、なんと気合が空回りして結局まだ品物が揃っていませんでした。

 

DSC00211.jpg DSC00213.jpg DSC00214.jpgそれより同じような考え持ったお客さんが結構いて、ちょっと驚きでしたが8時位に行くのが品物が揃ってよいかもしれません?

店の方にお伺いすると 売り切れ御 でお昼前には品切れになるそうです。

でも港付近に在りながらお勧めは 野菜 でした。鮮魚とかが豊富にそろっているかと思ったのですが、お客さんは宿泊客が中心なので生物はNGなのかな?

品物は地元干物のアウトレット・採れたて新鮮野菜・お茶・お花などが揃っており、安いのはもちろんですが生産者の顔が見えるのも安心ですね。

 

DSC00215.jpg営業日は毎週 土・日 で金・月が祝日の場合は営業しているそうです。

時より行われるイベントでは、みかん・お茶などの詰め放題をやっているそうで、次回はイベント狙いで行ってみたいと思っています。


年末年始にはイベントもあるそうなので是非 「いとうの朝市」 に行ってみてください。

 

次回は富戸港の朝市に行ってきます。

                                                

                                               by緒方


 

 

 

この時期は嬉しさと醜さが同居します。

お世話になった方々より、いろいろなお歳暮をいただき大変嬉しいのですが、お正月前の体重調整中な私は悩みます。

食べるべきか。 我慢するべきか。 少量なら大丈夫とか。 

なんだかんだ考えても包装を解き見てしまえば結局のところ ありがたく いただきます!

 

IMG_0008.jpg IMG_0011.jpg IMG_0017.jpg今日いただいた品物は、大好きな 「伊豆柏屋の蒸し羊羹」 この羊羹は私を餡子の世界に引き込んだ一品で、私の「餡子デビュー」はこの羊羹から始まりました。

甘さ控えめで極上羊羹には栗がゴロゴロと沢山入っていて本当に美味です。

「虎や」の羊羹のような濃厚さはありませんが、餡子デビューの若者からカロリーが気になる方にもお勧めです。

 

でも不思議ですよね、35才を過ぎたころから食す好みが「クリームより餡子」・「肉より魚」・「サラダより漬物」に変わりました。

でも摂取カロリーは減り食べる量が減っても35才を過ぎたころから、 体重だけは右肩上がり 困ります。

お正月明けの体重を早くも気にする、私46才でした。

                                                    by 山崎

 

 

今年の春にオープンした伊豆高原の洋食屋さん「ビストロ・ ル ヴェール 」 !

こちらのお店のシェフは「川奈ホテル」の味を永年守ってきたベテランコックさん。

 

 

レヴェール (4).jpg レヴェール (5).jpgメニューは気楽に食べれるものが中心ですがお勧めは何種類かあるカレーライス、この日私が食べたのは「カツカレー」、妻は今日のランチメニューのフライの盛り合わせ、フライは美味しかったのは当然ですが、お皿の隅に添えられたタルタルソースがこれが本当に美味しく手抜きなしの匠の技を感じました。

「カツカレー」も揚げたて熱々のカツに丁寧に作られた上品なカレーで、本物の「カツカレー」って感じで、女性の方にもお勧めです。

 

レヴェール (2).jpg レヴェール (3).jpg一流のホテルでカレーを食べれるところは在りますが、「カツカレー」は聞いたことがあまりありません。 本当に美味しいですよ!!

お店のメニューや看板・店内に飾られている絵などは、オーナーの甥っ子さんがデザインと合わせ描いたそうで、伊豆高原の雰囲気にピッタリでお店のイメージを盛り上げています。

お店は桜並木の入り口付近にありますので、是非お立ち寄りになっては如何でしょうか!

 

                                                                                                                                  by 大内

 

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

Green Blog