春夏秋冬の四季の中で皆様はどの季節がお好きですか?

私46才、最近は断然「秋好き」!

秋はいいですねー、景色にしろ・食べ物にしろ・楽しんでいるうちに、あっという間に冬になってしまいます。

秋と言えば、「彼岸花」と「すすき」ですね。っと無理やりですが、他の社員も同じ話題でしたがお許し下さい。

akidesu  (5).jpg

akidesu  (2).jpg

akidesu  (6).jpg

通勤途中の沿道で撮って来ました。 (この件までいっしょですが・・・)

ようはネタ切れの私46才でした。 

                                                by 山崎

 

我が家の愛犬「さくら」に非常事態発生!

今年の2月で13才、おばあちゃん犬ですので仕方がないことなのですが

最近急に足が弱くなりお散歩していてヨタヨタ歩くようになり、今までのようにはいかず、散歩にでかけてもショートコースで帰ってきます。

そこで足に負担のかからないようにと歩行用補助ハーネスをさっそく注文!

後ろ足部分のみでもよかったのですが少しでも負担を減らそうと、胴体部分のハーネスもつでにネーム入りで注文しました。

さっそく装着してみましたところ、なかなかいい感じですが、とうの「さくら」というと、歩くのに楽なのか、邪魔なのか分かりませんが黙って着させられてます。

 

IMG_0104.jpg

IMG_0101.jpg

                                                                                                                                by  山本

 

暑さ寒さも彼岸までとは、お彼岸を過ぎると本当に朝晩に吹く風が涼しく感じられ

毎日の出勤途中に見る風景もまさに、夏から秋へと様変わりしてきています。

 

稲②.jpg

 

稲①.jpg緑のジュータンから、黄金色のジュータンへとなっている田んぼ、大きな台風も来たけれど、なんとか大丈夫そうで?

この黄金色の田んぼの中を歩いてゆくと、赤い花 「彼岸花」別名「曼珠沙華」を見つけることができます。


この「彼岸花」聞こえがあまり良くありませんが、私はこの花が大好き!

一輪で見ると凛としていて、群衆で咲いている田園などは正に「日本」っと言った感じではないでしょか?

 


彼岸花.jpg子供のころ家の庭に秋のお彼岸のころ、沢山「彼岸花」が咲いていて、その花を採ろうとした時よく母に「この花には毒があるから、採ってはいけないよ。」と
言われたことを思い出します。

木々の葉が、茶色に色づくこの時期に、真っ赤に咲く「彼岸花」心和む田園風景ですね

 

                                                                                                                                by  鷲塚


 

 

自己紹介!!初めまして新人の緒方と申します。(と言っても中年のおじさんですが)

これからたまにですが日々のいろいろな経験をブログにしていきたいと思います。

タイトル通り『初』なものでしばらくの間、暖かい心で見守っていただければと・・・。

 

小田原城 (5).jpg

 

小田原城 (4).jpg

 

小田原城 (2).jpg前置きが長くなりましたが、今回は大河ドラマを見てご存知の方も多い小田原の『石垣山一夜城歴史公園』に行って来ました。

『近場でネタがいっぱいあるかな~』なんて考えながら本丸を目指し歩いていたところ前方に杖をついた奥様をやさしくサポートしながら

大きいリュックをしょっているお爺さんが 『こんにちわ、天気よくて気持ちいいね、足元きをつけてね。もうちょっと登れば小田原城が見えるよ』

その先の展望台では、小田原城を探している時に上品そうな家族連れの方が 『あの赤い看板のちょっと上わかる?』

そんな言葉に『ありがとうございます。』 と答えながら、見知らぬ人から声をかけられ心の中に温かいものを感じました。

 

ちなみに私38才、歳でいえば社員で中間どころ、でも背は一番(186㎝)高く 「柑橘類を採るのに脚立いらず」・「高枝ハサミは必要ありません」

お客様に重宝していただける、よい営業マンだと思いますので宜しくお願いします。

 

                                                        by 緒方

 

昨日の休日はお天気も良く、お散歩ついでに温浴施設に行って参りました!

場所は伊豆スカイライン沿いにある「万天の湯」。

伊豆市が経営をしている日帰り温泉で、お値段はなんと700円でとってもリーズナブルです。


DSC00363.jpg

 

DSC00367.jpg

 

DSC00371.jpg

    さすがにお風呂ですから、中の写真はありませんので外観写真でご勘弁下さい。

 

この「万天の湯」は大浴場、休憩所、全てのお部屋から富士山が望め、三島の街まで見えるパノラマ眺望が魅力です!

そして平日だったせいか、お風呂は誰もいないので独り占めできて最高~!!

お風呂上りはコーラを一気飲み、いや、二気飲み、喉が焼けそうでたまりませ~ん。

公営の温浴施設は空いていてけっこう穴場かもしれませんね。

皆様も伊豆の帰り道に立ち寄られては如何ですか?

                                              By 水越

 


 

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

Green Blog