先日、これから売り出す物件の下見に向かっている途中で「雉・キジ」に遭遇しました。

伊豆で生まれ育った私ですが、これほど間近で「キジ」を見れたのは久々のような気がします。

こうやってじっくりと見てみると、赤や緑や青色の羽色でちょっとしたサプライズ!


P1030398.jpg P1030396.jpg

                     (このキジちょっとメタボちゃんかな?)

 

 

特にこの七色に輝く胴体はとてもきれいで、見る角度によって光沢が変わる自然界の美しさでした。

いつもは臆病な鳥なのに全く逃げようとしない変わった「キジ」で、

もっと近づいて写真を撮ろうとしたら、さすがに「ケンケーン」と鳴きながら飛んで逃げてしまいました。

伊豆にいるとこうした出会いが当たり前になってしまいますが自然の鳥や動物たちを

近くに感じることができる生活、これって幸せですよね。

 

                                                   by 大内

 

 

 

先週の金曜日に出張で虎ノ門のお客様の所へいった時のことですが、

お客様のお宅は虎ノ門駅から歩いて5分位の所らしく、ケイタイのナビを見ながら

向かっている途中、太鼓と笛の音が聞こえてきて、

何だろう、この時期にお祭りかと思いながら歩いていると、

まず、目に飛び込んできたのが「縁日の屋台」 タコ焼き・お好み焼き・・・・

「やっぱりお祭り」だと思いながら歩いていましたが、それにしては太鼓や笛の音がお上品で??

屋台の奥から聞こえる演奏の方へ足を運んでみると、なんと、能の舞台があり、そこで能を演じていました。

 

nou (8).jpg

 

nou (6).jpg
nou (4).jpg

 

本当はタコ焼き、お好み焼きでも買って食べながら、ゆっくり見たいところでしたが

お客様との約束の時間があり、ゆっくりもしてられずしかたなく素通りしました。

高層ビルの谷間で「能の舞台」と「屋台」とても不思議な光景でした。

能の演舞はどうでもよかったのですが、 せめて タコ焼きくらい食べとけばよかった~!

 

                                                     by 山本

 

伊東市の宇佐美港の入口、留田(とまた)の烏川では

この時期になるとアユ釣りを楽しむ人達をよく見かけます。

この烏川には漁協組合がないので遊漁券を取得しなくても、自由に釣りを楽しむことができるらしいですよ!

 

写真 釣り人.jpg

 

写真 アユ.jpg

 

今は「アユ」が海から川へ遡上(そじょう)する時期で、

河口付近ではそじょうするアユを、針に赤い絹糸を巻いた赤バケで釣るそうです。

なんと、餌も付けずに釣るなんて、とっても経済的でよい釣り方ですよね。


 

写真 海.jpgまた、この烏川が海と交わる辺りでは「アサリ」も「蟹」も取れるらしく

天気の良い日は、「アユ」がだめなら「アサリ」でもと1日中 遊べて経済的なベストスポットとしてお勧めです。

私は、愛犬と水遊びも楽しんできました!!

 

                                                  by 鷲塚


 

 

今日は中伊豆まで物件の下見に出かけて来ましたが、

行く途中の天城高原付近で「小鹿」を発見!!

車を止めてベストショットを撮るために5分位の時間をかけて「子鹿ちゃん」に接近してみました。

時よりこちらを気にしながらも、そ~っと近ずく私に警戒心を抱きながらも約5mまで接近!

その場で じっと待つこと2分~3分、草を食べ続けていた「子鹿ちゃん」がやっと顔を上げてくれました。

 

sika (5).jpgどうですか、 なかなか良い写真ではないですか!  

怯えた感じもなく、近くに私がいるのに違う方向を見つめたこの感じ、何枚か撮ったベストショットでした。  

 

お次のベストショットは、まさに梅雨時の1枚です。

紫陽花の葉の上の「雨カエル」!!

最近あまり見かけなくなった「雨カエル」ですが、

中伊豆の田んぼの脇に咲いていた紫陽花の写真を撮ろうとアップにしたファインダーごしに偶然発見!

これが梅雨時のベストショットになりました。

 

sika (3).jpg

 

なんか、カエルに表情があって良い写真ではないかと 自画自賛!!

 

生物の写真を撮るのはなかなか難しいですよね!

それはそうですよね、人の気持ちが解らないのに、生物の気持ちが解るわけないですよね!

 

                                                by 山崎

 

 

 

                      

先日、大学時代の友人の結婚式に呼んでいただき本州の端、山口県に行ってまいりました。


かなり長い道のりでしたが大学時代の友人が集うのも久しぶりなので
長い車中も話題が尽きることなく楽しく過ごすことができました。

 

今日の主役、新郎の彼は萩焼の窯元、蓮光山の三代目。

式場に着くと入口に彼の作品が展示されていました。

作品名は、「華昇弁」 

写真では伝わらないのが残念ですが、結構大きな作品で迫力があり素晴らしいものでした。

 

 

華昇弁1.jpg 華昇弁2.jpg  華昇弁3.jpg  (この花器は失敗を重ね、三年という歳月をかけて生まれた彼の代表作だそうです。)


 

メインイベントの結婚式も古典的なスタイルで趣があり、新郎新婦ともにすてきでした。


あいにくの天気だったので、観光はほとんどできませんでしたが、

またの機会に彼のもとを、ゆっくり訪れたいです。二人ともお幸せに!

 

それにしても伊豆から萩は 遠い・遠すぎます。

車・新幹線・バスを乗り継ぎ約9時間!!

次回は僕の結婚式に萩から来てもうことに早くせねば?(予定も相手も居りませんが)

 

                                                   by 石井

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

Green Blog