20161121-01.JPG


えっ、これのどこがお芋?と思う形ですが、『たけのこいも(京いも)』と言って、

形は円筒形で、長さが60㎝くらいになるものもあり、日本一大きいお芋だそうです。

20161121-02.JPG


畑で育っている姿も里芋の葉が巨大化したように大きく、

地上に頭を出している姿が筍に似ている事から、

その名の通り『たけのこいも』と呼ばれるようになったとか。

20161121-03.jpg

20161121-04.jpg


主に関西地方で消費されている京野菜のひとつですが、

全国シェアの8割が静岡県で収穫されているとの事です。

当の静岡県の店頭では、ほとんど見かけませんね。


晩秋から冬が旬で、身がしまっており、煮くずれしないのが特徴です。

また、皮をむきやすいので料理には大変便利な食材と聞きました。


我が家では、ブイヤベースとけんちん汁にして、二日間、その味を堪能しました。

20161121-05.jpg

20161121-06.jpg


里芋と比べるとホクホクしていて、食感はお正月の頃になると見かける『八つ頭』に似ていると思います。



by N.W



ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr







まだ会社勤めをしていたうん十年前に短期間ではありますが過ごした名古屋、

久しぶりに訪れビックリ仰天、世界のトヨタ」の移転に伴いガラっと様変わりし

近代都市に生まれ変わっていた駅周辺!



その当時、関東とは文化や慣習の違いから仕事の成果が上がらず、

仕事帰りにプラプラしていた栄の辺りはさほど変わったなく懐かしい感じでした。



仕事ではあまり良い思い出がない名古屋ですが、

こと食べることでは「手羽先」に「味噌煮込みうどん」そして「ひつまぶし・うなぎ」に

「味噌カツ」と今でも好きなものばかりで、

1泊2日の滞在ではすべてを食べれないのが残念。



まずは、「しら河のひつまぶし」から。



IMG_1537.JPG



でもね、私がここで食べるのは「ひつまぶし」ではなくこちら


IMG_1532 (3).jpg



IMG_1536 (4).jpg



やっぱり「うな重」。

うなぎが切ってあるかそのままのってるかの違いですが、

お茶漬けは要らない派なのでこちらの方が食べた感があって好みです。

最初に食べた時は関東とは違って蒸してないので違和感がありましたが、

今ではこのプリプリ感と焦げがたまらなく好きですね。

実は翌日の昼食には「ひつまぶし」をいただきました。(笑)





IMG_1551 (4).jpg



おっと食べることから始めてしまったのですが真の名古屋訪問の目的は、

復元工事が完了し一般公開された名古屋城の本丸御殿の見学でありました。

復元された天守閣の襖絵は模写でありますが模写だからこそ、

当時の絢爛豪華な彩りを感じることができるではと期待で訪れてみました。





IMG_1561 (編集済み) (2).jpg



IMG_1555 (2).jpg




IMG_1560 (2).jpg




IMG_1576 (2).jpg




IMG_1564 (編集済み) (3).jpg



徳川家のお抱え絵師である狩野探幽を筆頭に描かれた

虎の間と呼ばれる襖・壁・障子の金地に虎と豹には

きっと武士達も度肝を抜かれたんでしょうね!



by yamazaki



ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr







地元の富戸漁港で水揚げされたソウダガツオで『生利節(なまりぶし)』を作りました。


カツオには、本ガツオ、ハガツオなどありますが、ソウダガツオは抜群に安いです。

20161119-01.jpg


まず頭を落とし、内臓を出します。

20161119-02.jpg


鍋に水をはり、塩を加えて茹でます。

20161119-03.jpg


けっこう灰汁と油が出てきました。

20161119-04.jpg


茹ったら、鍋のお湯を捨てます。

20161119-05.jpg


冷めたら手で中骨を外し、細かな骨も骨抜きを使って外します。

20161119-06.jpg

身は柔らく崩れやすいので丁寧に行うのがポイント!



次に炙ります。

20161119-07.jpg

香ばしい生利節になりそう。



この時点で少しつまみ食い!(笑)

やっぱり美味しい!全部食べてしまいたいのを我慢します。



水分を抜くため、外で干します。

20161119-08.jpg

快晴で風も吹いて、まさに生利節日和。



上手く水が抜けて身がたいぶ軽くなりました。



カッターで鉛筆を削るように、包丁で身をそぎます。

20161119-09.jpg


しっとりやわらかい生利節の完成です!!!



菜っ葉のおひたしにかけて味見します。

20161119-10.jpg

とても美味しい!!



『生利節』は作業工程が多く、完成まで時間がかかりますが、日持ちするのでとても便利。

我が家では、毎年この時期になると一度は自家製の生利節をつくっています。

市販の鰹節も美味しいですが、手間をかけた自家製の生利節はもっと美味しく感じますね。


by N.H



ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr




先日、『ボジョレー・ヌーボー』が解禁となりましたね。

その前にイタリアの新酒ワイン『ノヴェッロ』解禁!!ということで

河津の『アンティカ トラットリア ダルビラータ』さんへ。


今回はランチですが、もちろん飲みに行くのですから、電車で向かいました。



道中ちょっと旅の気分を味わおうと、冷凍ミカンを購入!

皆様ご存知でした?既に皮がむいてあります!

20161118-01.jpg

そして、『むかん』と言うそうです。



電車での旅を満喫し、河津へ到着です。

お店は河津の駅から歩いて10分くらい。

海に面した国道沿いにあります。


築150年以上の蔵を改造した、とても雰囲気のあるお店です。

20161118-02.jpg

20161118-03.jpg


店内の雰囲気はこんな感じです。

20161118-04.jpg

20161118-05.jpg

20161118-06.jpg


早速『ノヴェッロ』を注文!

20161118-07.jpg

渋味や酸味が少なくて果実味が豊か。甘口でとっても美味しい!!!


そして、ランチを注文。

ランチは1,800円からあるのですが、これで充分満足!

前菜、パスタとも3品の中からチョイスでき、デザートとコーヒーが付きます。

20161118-08.jpg


私たちの前菜は『しらすのフリッター』と『サルーメミスト』

20161118-09.jpg

20161118-10.jpg


そして、お隣の前菜『バーニャカウダ』も盗み撮り!

20161118-11.jpg


パスタは『リングイーネのアーリオ・オーリオ』と『クリームソースのペンネ』

20161118-12.jpg

20161118-13.jpg


デザートも3~4種類から選べます。

20161118-14.jpg

20161118-15.jpg



本当にゆっくりと食事を楽しみ満足しました。

早川シェフ、ご馳走様でした!



そして、『ボジョレー』も良いですけど、『ノヴェッロ』もお試しあれ。

因みに、お店は12席しかありませんので、行かれる際は是非ご予約をしてくださいね。


by T.S



ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



最近のマイブーム、天城湯ヶ島にあるパン屋さん、

パティスリー、アダチへ再訪しました。

お店は朝の8時よりオープンします。


201611adachi-1.jpg


201611adachi-2.jpg



9時過ぎに着きましたが店内は既に行列ができ、駐車場の車を見ると、

他県ナンバーの車も並んでおりました。

ご夫婦で営んでいるパン屋さんで、お二人共に、

パリのバケットコンクールで優勝をしたお店で修業をしていたとの事。

店内に入ると、香ばしい香りが漂います。

201611adachi-3.jpg


201611adachi-4.jpg


201611adachi-5.jpg



並んで一人づつ注文をしていきます。



お勧め品はサンドイッチだと、「パルマ産ハムとブリーのサンドイッチ」と


201611adachi-6.jpg



「ローストビーフのサンドイッチ」


201611adachi-7.jpg



パン・オ・ショコラも拘りのチョコレートを使用した一品です。


201611adachi-8.jpg


201611adachi-9.jpg



元々パティシエだったオーナー、スイーツの腕もなかなかのようです。

タルト・オ・ポム(りんごのパイ)と


201611adachi-10.jpg


ジブースト(リンゴのパイの上に焼きプリンがのったようなもの?)


201611adachi-11.jpg



も絶品でした。


お昼位には売れ筋のパンは殆ど売り切れてしまうようなので、

是非早めの時間のチャレンジをお勧めします。


201611adachi-12.jpg


「ブーランジェリー パティスリー アダチ」

静岡県伊豆市湯ヶ島2860-2

国道414号線沿い  東海バス岩尾バス停目の前


営業時間:8:00~18:00 商品が無くなり次第終了

定休日:月曜日・火曜日


By A・M



ブログランキング


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/

hr




前に戻る49  50  51  52  53  54  55  56  57  58  59

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

Green Blog