5日間の長い様で短く感じた夏休みが終了しました。

全体的に暑かったですが、ときより雨が降るなど、
ずっとあまりハッキリしない天気だった様な気がします。


そんな夏休み初日の8月15日。
午前中に三島市で用事を済ませた後、そのまま帰るのも味気ないので、
国道一号線をひた走り、箱根まで足を延ばしました。

箱根に入るまでは順調でしたが、
そこはやはりお盆休みと「箱根」というブランドでしょうか。
芦ノ湖が見え始めるあたりから結構な混み様でしたが、
三島を出発してから、1時間ほどでなんとか箱根神社に到着。



20160820俺のうどん赤_1.JPG


20160820俺のうどん赤_2.JPG


20160820俺のうどん赤_3.JPG


小雨が降る中、御朱印の受付を済ませてお参りに向かいます。
濡れて滑りやすくなった石段を注意深く上りますが、何段くらいあったんだろ。
多分100段くらいでしょうか。



20160820俺のうどん赤_4.JPG


雨の中の境内も、なかなか幻想的な雰囲気を醸し出しています。
狛犬さんも苔の付き加減がイイカンジです。



20160820俺のうどん赤_5.JPG


20160820俺のうどん赤_6.JPG


20160820俺のうどん赤_7.JPG


20160820俺のうどん赤_8.JPG


厳かな雰囲気の中、本殿でお参りを済ませ、そろそろお昼でもと思った際、
箱根神社の駐車場にお店を構える「権現からめもち」さんという休憩処。

そこで売っていた、あの「箱根ベーカリー」さんの龍神あんぱん。



20160820俺のうどん赤_9.JPG


本当はこれだけ買って帰る予定でしたが、子どもが「お腹空いた」と言い出し、
ここで食事をすることになりました。
で、目に入ったのは「俺のうどん赤」といううどん。

メニューの写真を見る限り、スープは真っ赤で見るからに辛そう。
しかし、メニューには「辛くない」と書いてあります。
本当かな~?と思いつつ、うどん好きの私、思い切って注文してみます。



20160820俺のうどん赤_10.JPG


結果から書きますが、これがかなり美味しい!
全く期待してなかった分、相当美味しく感じます。

見るからにジャンキーで、なんだか脂っぽそうに見えますが、
全くそんなこと無く、逆に後味スッキリの不思議なうどん。

お好みでどうぞと一緒に出された、ゆずと一味とうがらしを入れると、
この一味とうがらしのおかげで、かなり辛くなります。

しかし、大袈裟でなく、このうどんを食べるためだけに、また来ちゃおうか?
と思っちゃうくらい美味しい。

ちなみに一緒に注文した付け麺は普通でした(^^;



20160820俺のうどん赤_11.JPG


後から聞いた話によると、このうどん、TVなどの各メディアに、
美味しいと取り上げらえているそう。
結構インパクトありますしね。

箱根神社にお立ち寄りの際には、食べてみていただきたい一品です。
龍神あんぱんも美味しかったですよ。



20160820俺のうどん赤_12.JPG


m.suzuki


権現からめもち
住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80-1 箱根神社境内
電話:0460-83-5122


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



先日の休日に、ちょっと足を延ばして大瀬崎まで散歩がてらドライブ。
近ごろ、ちょっと注目されているパワースポットです。
駐車場に車を停めて、そこから10分ほど歩きます。



20160814大瀬崎_1.jpg


この大瀬崎、ダイビングのメッカとして、全国的、また世界的に知られていて、
富士山を望むロケーションや、駿河湾に面し生物相が豊かということ、
海底が砂利なので細かい砂が舞い上がらず、海水の透明性が高いことが、
人気の秘密だと思われます。



20160814大瀬崎_2.jpg


20160814大瀬崎_3.jpg


丁度、多くのダイバーたちが準備しているところでした。
お気をつけていってらっしゃい。



20160814大瀬崎_4.jpg


で、今回のお楽しみである「神池」ですが、伊豆七不思議の一つとされています。
周りは海に囲まれていて、海から最も近いところでは距離が20メートルほどで、
標高も1メートルくらいしかないのに、なぜか淡水。

普通にコイやフナなどの淡水魚が、約3万匹ほど生息しているとか。



20160814大瀬崎_5.jpg


20160814大瀬崎_6.jpg


20160814大瀬崎_7.jpg


20160814大瀬崎_8.jpg


20160814大瀬崎_9.jpg


しかし、なぜ淡水池なのかは明らかにされていません。
辺りは神域となっていて、古くからこの池を調べたり池を荒らすと祟りがあるとされ、
池の透明度がかなり低く、また池の底の観察が難しいこともあり、
今日まで詳しい調査はされてなく、水深すらわかってないんだとか。
一説には、地下から富士山の湧水が湧き出しているのでは?とも。



20160814大瀬崎_10.jpg


20160814大瀬崎_11.jpg


明確な答えがわからないというところにロマンというか神秘を感じます。
伊豆にはまだまだ、この様に不思議な場所が存在します。

また時間を見つけて散歩してみたいと思います。



20160814大瀬崎_12.jpg


柏崎


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



最近、おじいちゃんの足の具合が、あまり良くないということで、
「奈良本けやき公園」にある、温泉の足湯に連れて行ってあげました。



20160813奈良本けやき公園_1.jpg


20160813奈良本けやき公園_2.jpg


20160813奈良本けやき公園_3.jpg


この公園、公園自体はそれほど広くは無いですが、広々とした立派な芝生があり、
また、文字通り大きな「けやき」の木が目印となっていて、
憩いの場となっています。

135号線からちょっと入ったところにありますが、
途中途中に看板が出ているため、ナビ無しでもたどり着けますよ。

ちなみに水も綺麗で、5月下旬から6月にかけてはホタルの観賞もできます。



20160813奈良本けやき公園_4.jpg


20160813奈良本けやき公園_5.jpg


足湯自体は温泉なので当然温かく、足元からポカポカしてくる感じで、
長いこと浸かっていると、なんだか効きそうな気がします。



20160813奈良本けやき公園_6.jpg


20160813奈良本けやき公園_7.jpg


この公園の敷地内には、なぜか野生のクレソンが群生しており、
クレソンが大好物なハリーが一心不乱に食べまくっています。
美味しいんでしょうね。



20160813奈良本けやき公園_8.jpg


20160813奈良本けやき公園_9.jpg


20160813奈良本けやき公園_10.jpg


園内にある売店ではソフトクリームも販売していて、足湯に浸かりながら、
または浸かり終わった後に食べるのが正しい食べ方。
美味しいソフトクリームで、ほてった体をクールダウンします。



20160813奈良本けやき公園_11.jpg


緑に囲まれて静かな場所にありますので、のんびりと過ごすのも、
結構気分転換になって良いですよ。



20160813奈良本けやき公園_12.jpg


大内


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



夏です。
連日の猛暑です。
子どもが夏休みということもあり、たまには泳ぎに行こうということになりました。


しかしここ数年の私、海へは何度か行きましたが、入水はしない主義でした。
日焼けすると体が真っ赤になるし、
なんといっても、1度水に濡れると拭いたり着替えたりがメンドくさいし。


今回は名門「川奈ホテル」のプールに泳ぎに行きましたが、
水に入水するのは、概ね10年ぶりくらいでしょうか。

というか、川奈ホテルの建物の中に入るのも初めて。

以前、フジサンケイクラシックのボランティアとして、
ゴルフ場へは関係者として入ったことありましたが、
正面からお客として入るのは初めて。



20160812川奈ホテル_1.JPG


20160812川奈ホテル_2.JPG


20160812川奈ホテル_3.JPG


川奈ホテルのプールの水は、天城山より引き込んでいて、
最初はちょっと冷たく感じますが、慣れるとそれがまた心地良く感じます。
夏休み期間中でしたが、平日ということもあってか割と空いてました。
パラソルは先着順(?)で無料で貸してくれました。

また、目の前には蒼い海が広がっており、
その海を眺めながら、リゾート感を感じることが出来ます。



20160812川奈ホテル_4.JPG


20160812川奈ホテル_5.JPG


プールの種類も25メートル、15メートル、そして子ども用プールと各種揃っていて、
それぞれ好みのプールで楽しめます。
25メートルのプールは、水深3メートルの深さの部分があって、
小さな飛び込み台がついているので、小学生たちに人気の様でした。

うちの子どもはすべり台が気に入ったらしく、
ずっとすべり台でエンドレスで遊んでいましたが。



20160812川奈ホテル_6.JPG


結局2時間くらい遊び、帰るころには思った通り真っ赤に日焼け。
海ではなく、プールだからと甘く見てました。
照り返しでかなり焼けました。

ヒリヒリと、お風呂に入るのも一苦労の状態。
今年の私の夏は終わりました。



20160812川奈ホテル_7.JPG


20160812川奈ホテル_8.JPG


あ、プールでの写真撮影自体はOKなのですが、
他のお客様に向けての撮影はご遠慮くださいとのことでしたので、
ちょっとズラし気味で撮ってます。
実際にはもっとお客様はいました。


m.suzuki

川奈ホテル
住所:伊東市川奈1459
電話:0557-45-1111

プールご利用の場合
営業期間:2016年7月16日(土)~18日(月)・7月23日(土)~8月31日(水)まで(予定)
営業時間:9:00~17:00
宿泊者料金:1日利用 おとな¥2,000/中学生未満¥1,000 ※4才未満無料
外来者料金:1日利用 おとな¥4,000/中学生未満¥2,000 ※4才未満無料


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



本格的なお盆を前にして、伊東市では按針祭が開催されました。

按針祭といえば、1時間の間に1万発もの花火が打ち上げられる、
花火大会が代名詞というか有名なのですが、
その花火大会が開催される前の日に、
この灯籠流しが幻想的な雰囲気を醸し出します。



20160811灯籠流し_1.JPG


業務終了後に、車をぶっ飛ばして撮影してきました。


この灯籠流しも、丁度お盆の時期と重なり、
個人に想いを馳せたり、ゆらゆらとした光を見つめていると、
なんだか黄泉の国へと誘われている様な、不思議な感覚に陥ります。



20160811灯籠流し_2.JPG


20160811灯籠流し_3.JPG


途中、海からの満ち潮で灯籠が停滞してしまう場面もありましたが、
ゆっくりと綺麗に流れていきましたよ。



20160811灯籠流し_4.JPG


20160811灯籠流し_5.JPG


20160811灯籠流し_6.JPG


毎年この光景を見ると、伊東市に本格的な暑い夏がやってきたなぁと感じます。
しかし、今年の夏は特に暑いので、
この光景は若干の涼を感じさせてくれるものになりました。



20160811灯籠流し_7.JPG


20160811灯籠流し_8.JPG


m.suzuki


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr

前に戻る62  63  64  65  66  67  68  69  70  71  72

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

Green Blog