伊豆高原の情報をメープルハウジングらしい目線で発信。
伊豆高原を中心に、伊豆半島各地の「今」を切り取った一コマを提供していきます。

ホウボウ

 

 

蝶の羽のように美しいのは蝶魚の胸鰭(むなびれ)です。

 

 

 


鮮やかな青緑色と青の縁取りで彩られ、翼のように水平方向に広がっています。

 

 

 

 

ホウボウという魚です。富戸近海でとれました。

煮ても焼いても美味しいです。

 

 

 

 

薄くて赤い鰭(ヒレ)が光に透けて綺麗です。

 

 

 

 

青い胸鰭(ムナビレ)の下には小さな赤い腹鰭(ハラビレ)がついています。

 

 

 

 

ホウボウの名前の由来は2つあるそうです。

写真のように軟条(なんじょう)とよばれる細い脚が

左右3本ずつ付いていて、合計6本で海底を歩きます。

このように「方々」歩き回るところから来たと言われているのが一つ目の由来。

 

 

 

 

また、ホウボウは浮袋でグーグーと鳴きます。

このグーグーが転じて、ホウボウと名付けられたとも言われています。

大きな胸鰭(ムナビレ)は、下から見ると赤褐色でこの色もまた綺麗。

 

 

 

 


体長は30cmくらいです。

 

 

 

 

泳ぐ姿でも胸鰭(ムナビレ)が際立っていますね。

 

 

 

 

N・H

 

 

ブログランキング


hr
伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/
hr

 

 

 


ページの先頭へ